2009年2月3日:2月例会友の会を考える
今日は節分、明日から春。しかし、寒い雨の朝です。
大分友の家には、早くから大勢が集まっています。それぞれに例会の準備をしています。

早速、例会セールが始まりました。会員手作りのケーキやパンが並びました。
調理室では昼食の準備が始まっています。
10時、江藤さんのオルガン演奏で例会が始まりました。
例会当番は光敷最寄です。
最初に、総リーダーから、次年度の総リーダーの決まった報告がありました。
そして、今日の例会では「友の会を考える」読書感想のあと、夫々が友の会に抱いている思い、今後の友の会のあり方など、率直な意見を出し合いました。

友の会は、著作集に導かれつつ学びながら働きかける所、生涯かけて学びあう場。もっともっとその思いを例会で、読書で判り合いたいと思います。
豊府最寄は、今日の例会食堂当番をきっかけに皆で、このヨーグルトパンを習いました。3月のセールには出品できるまでに練習をしたいと話しました。
いろんな機会を捉えて、自分磨きの出来る友の会だと思います。
今日の食堂メニューはヨーグルトパン、肉団子と野菜の洋風スープ、リンゴと大根とかんぴょうのサラダとコーヒームースゼリーです。
次年度の活動、組織を考える時期にきています。様々な年齢、環境の人たちがいる友の会の特徴を生かした勉強が出来ていくと良いと思います。
2月例会 当番:光敷最寄
テーマ :「友の会を考える」
讃美歌 332番
読 書 : 「友の会にて」  −友への手紙ー
感想:総リーダー、光敷最寄
話し合い「友の会を考える」
最寄編成報告
友愛セールを前にして
家計報告を終えて
「明日の友と若い会員との勉強会」に出席して
リーダー報告、
各部各係から
実務報告
野の花の姿
例会出席者 32名 託児 2人 係2人
。食堂:豊府最寄 ・例会セ−ル:わさだ、坂ノ市最寄
・託児:係
 春日、坂ノ市