2008年7月3日:「パンと季節の料理講習会」
蒸し暑い梅雨の晴れ間の一日、わさだ最寄と久住最寄の合同講習会です。今回で4回目になるシリーズ「パンと季節の料理講習会」

12名が参加されました。
パンの手ごね、機械コネを体験、そして自分たちで丸めてパンを焼く、忙しく楽しい講習会でした。
予定通り12時には、お料理も出来上がり、昼食になりました。

受講生と一緒に作ったパンです。
左上からアンパン、テーブルロール、ルーレ・オ・ブール、シナモンロール
お客様を送り出してからスタッフの昼食でした。写真を写す時間の無いほどに忙しかったです。

今日、作ったお料理とパンです。
鶏のハーブ焼きとギリシャ風ピクルス、ドイツ風スープ、水羊羹です。
ホールを飾った久住の紫陽花
テーブルを飾ったハーブの数々、これらのハーブは受講生の皆さんが少しずつ分けてもらって持ち帰りました。今日習った「鶏のハーブ焼き」がすぐに出来ますね。
玄関は紫陽花とハーブを一緒に活けてお客様をお出迎えしました。
日時:7月3日(木)10時〜12時半)
会場:大分友の家
会費:1000円(実習代、昼食代込み)
内容:○基本のパン:テーブルロール
    ルーレ・オー・ブール
    シナモンロール、アンパン
    アンの作り方
    ○料理:ドイツ風スープ、ギリシャ風ピクルス、
      鶏のハーブ焼き、水羊羹
受講生;12人
託 児:4人、係2人
料理スタッフ:4人