English
2005年5月23日:お出かけ市長室〜ほんねトーク〜
平成15年6月から行われている「おでかけ市長室」も2巡目、その最初に大分友の会を選んでくださいました。
大分市釘宮市長以下8名の方が友の家に来て下さいました。
釘宮市長は友の会のことをよく知ってくださっていました。男女共同参画推進室の方から友の会を推薦して下さったことが話されました。
友の会のこと、婦人之友、家計簿のこと、そして大分友の会の歴史など紹介しました。
市政も子どもを大切にしたいと話される。
大分市の「日本一きれいなまちづくり推進委員会」に入っている大分友の会です、環境を考える勉強を1970年代からしていることなどを話し、大分市のごみ収集の実情と問題点などを市長さんが詳しく話して下さる。
出席者は何を願って友の会に入会したか、そして今、どう思って暮らしているかなど実感を持って友の会で学ぶ良さを話しました。
生産部が作ったクッキーをお出しする。紅茶やクッキーの説明をして活動の一端を見ていただく。
若い会員からは学校現場での問題、高年会員からは大分市のワンコインバスの話なども出る。
子どもの小さい時から友の会の中で、多くの友達と交わりながら育てられてきたことが良かったと話し、もっと多くの方に友の会の存在を知ってもらい一緒に励む仲間を増やしたいことも話す。

有意義な話し合いが率直に市長さんと出来たことがうれしかったです。
最後に、今日の出席者全員で記念写真を写して頂きました。
予定の時間をオーバーしてお忙しい市長さんの時間をギリギリまで友の会に頂きました。ありがとうございました。
どうぞお元気で大分市のためにこれからもお願い致します。
出席者:大分友の会員17名
写真:後藤
写真・文責:永野