2004年2月3日:2月例会「友の会と私」
2月例会です、朝早くから食堂当番の光敷最寄が準備をしています。
ほぼ準備が完了、器具片付けの途中ですが、ハイ・ポーズ!です。
10時、例会が始まりました。今日は節分、明日は立春、卓上の花は、もうすっかり春の雰囲気です。
今日の例会当番は坂ノ市最寄です。いつもは忙しくて出席出来ない仕事を持つ会員も年に一度の例会当番ということで出席できて、皆で喜びました。
「友の会と私」ということで、たくさんの人が話をしました。在会年数36年の会員が多くの友との交わり、また、友の会のお役を通していろいろ学び気付かせて頂けたことを話しました。
若い会員は、友の会でいろいろ勉強できていくうれしさを話しました。
5月に婦人之友創刊100年記念の愛読者会を開きます。今年から例会で「婦人之友と私」を話して貰う事にしました。
今日は20代の初めに婦人之友誌と出会って、いつも生活の指針として、また聖書にまで導かれたことを藤原さんが話しました。
例会後の例会セールです。今日はたくさんの出品がありました。
例会食堂はとてもおいしく頂きました。
献立:クリームシチュー、ピラフ、野菜のマリネ、オレンジゼリー

その後、全員掃除、そして、大委員会・小委員会がありました。
2003年度2月例会
  例会当番:坂ノ市最寄
テーマ 「友の会と私」
讃美歌 :234A番
読 書 「数の恩寵」みどりごの心
感 想: 坂ノ市最寄
「友の会と私」を聞きあう
来年度総リーダーのこと
愛読者会について
婦人之友と私:藤原
3月友愛セールについて
リーダー報告
各部各係より
実務報告・託児報告
友の国
−12:40−
例会食堂
実務報告:出席37人
       託児:子ども6人、係3人

例会セール:豊府・稙田
託児:宗方・明野

食堂 :光敷最寄

文責:永野