English


2000年6月30日、生活展、第8回準備会、 by Mie
今日の準備会は、羽仁吉一先生の著作「雑司が谷短信」を読んでから始めました。実務係から宣伝のこと、招待券のこと、当日の働き人の話しなどがありました。

その後、幼児の四回食の展示見本を見合いました。これは朝食です。温野菜に半熟卵ですが色がさみしいので、ミニトマトを添えてみました。そしてお野菜も緑の濃い野菜を煮すぎないように気をつけることを話し合いました。

食器は何がふさわしいか、もう少し考えることにしました。
一日のうちで一番栄養的に充実した献立を用意したい幼児の昼食です。

三色ごはん、さつまいものオレンジ煮、ひじき大豆の煮物、牛乳です。お芋が多いように見えますが、芋の目安量は大人と同じなんですね。
幼児のおやつは、四回食では食事の一つとして考えます。クラッカーにジャムとピーナッツバターとチーズ、そして果物、牛乳です。
果物や食器をもう少し考えたいと思います。
夕食です、ごはんに味噌汁、さわらの照り焼き、かぼちゃの煮付け、青菜ときのこの煮びたし、です。

食器などを幼児にふさわしいものに変えるとまた違って見えてくると思います。次回までの宿題です。
その後は、また各自、夫々の準備をしました。表つくりもだんだん熱がこもってきています。
 
大人が忙しく準備をしている側で、子どもたちが色鉛筆と画用紙を持ってきて何やら工作をはじめました。二人でとても楽しそうです。私達、大分友の会の生活展は「子どもの育つ家庭」がテーマです。元気な子どもたちを見ながら準備が出来ることはとてもうれしいことだと思いました。

back Mie Home 大分友の会のページ next