May 30, 1999

「分からないことは,同じ立場の日本人に聞け」

こちらに来ていろいろな日本人の方にお会いして,いろいろ助けて頂いた.こちらで役にたつのは,日本人の方の日本語の情報である.

「現地で自分の欲しい情報は同じ立場の日本人に聞け」

まさに名言である.先人達の知恵が非常に的確で有効である.これで何度も助けられた.この場を借りてお礼申し上げたい.

アメリカの生活

さて,こちら来る前,日本人の方で数年もアメリカで生活している人は,さぞかしアメリカの生活に慣れ親しんで,流暢な英語を使いこなし,ステーキ,ハンバーガをうまそうに食べて,頭の先からつま先まですっかりアメリカ人でいることだろう思っていた.

しかし,こちらに来て1ヶ月と半月ばかり経つが,なかなかお会いできない.むしろ少数派なのであろうか?こちらで会う方々の大半は,しっかりアメリカに日本の生活習慣を持ち込んで戦っていらっしゃる方々である.

小生自身も,最初はここの生活に馴染むため,いろいろと試みたが,3日ともたない.特に食事が問題である.昼食ぐらいは楽しむことができても,夕食はできるだけ日本食に近いメニューでないと,どうしても調子がでない.幸いにして,台湾,中華,韓国,インド料理のレストランが格安(どれも$6程度,700円ぐらい)で美味しく食べることができ,日替わりでメニューを変えていけば,何とか大丈夫である.

自分が,数十年培ってきた生活習慣はそう簡単には変えられない.無理して合わせようとするととたんに力がでなくなる.こんなにも日本の生活習慣が大事だと思ってもみなかった.自分のエネルギーの源だったのである.

この傾向は私個人や我々日本人のだけのものではない.職場のカフェにいけば,インド出身らしき方は,インド料理,韓国の方は韓国料理の手弁当を持参して母国の言葉で何やら話している.どうやら,どこの国の方でも同じようである.

こうなってくると,When in Rome, do as Romans do. (郷に入っては郷に従え)の教えは,随分,大変なことだということに気付く.若くして学生で来ている方々は,このハードルは随分低く,対応は速いようだ.しかし,やはり日本の生活はなかなか捨てられないようだ.唯一,私を日本人とは知りながら会話中全て英語で通した学生がいた.しかし,それもやりすぎのような気もするが...

日本を求め過ぎると...

電気屋に行けばRice Cookerと呼ばれる炊飯器が格安(5000円程度)で売っており,炊き方さえ工夫すれば日本と遜色のないお米が食べられる.この町にも日本の食材を扱う店もある.シカゴ郊外まで行けば,日本と同じ品揃えのショッピングセンターもある.日本語ビデオもレンタルでき,テレビ番組に毎日1時間ではあるが,日本語放送もある.インターネットから日本の情報も簡単に入手できる.

英語も,挨拶と買い物の時などに使う簡単なパターンさえ覚えておけば,苦もなく1日を過ごせる.その気になれば日本人達だけで日本の暮らしが可能なのである.後はじっと堪え忍んで,帰国後,日本ではアメリカナイズのポーズを決めて肩で風切ることも可能である.

亜米利加化(アメリカナイズ)

しかし,それでは何の意味もない.それで小生もいろいろな試みを開始した.まずは,英会話からである.大事な話も受信装置の性能が悪ければ台無しである.

(1)似た境遇の仲間を作る.

これは先頃退官された先生から授かった方法である.まず,英語の能力が同程度の似たような境遇の相手を捜す.不思議なことに自然と仲間意識が芽生える.小生には英会話クラスで知り合ったイタリア人のRenzo君が見つかった.彼の話題はまた別の機会でお知らせする.お互い辞書を引き引きの英会話である.言い争いも,辞書を引きながらであるので,興奮もさめてしまう.例え母国語で怒鳴っても鳩に豆鉄砲である.自然と喧嘩にならない.例え分かったとしても素知らぬ顔をしておけばよい.

おかげで毎週末は二人で徒党を組んで,街を闊歩し,分からない英語や文化に直面しては,二人で首をひねっている.

(2)アメリカ人と仲良くなる.

もっとも,相手が流暢に英語を駆使できる人にこしたことはない.大学であれば日本や日本語に特別興味を持ったアメリカの方がいる.もっとも彼らの興味はアメリカナイズされた日本人ではなく,日本のビジネス,技術,文化に精通した日本人である.彼らと仲良くなるためには,幅広く,深く日本を知る必要がある.おかしな話だが,アメリカナイズのためには,日本の勉強が大事なのである.

(3)テレビを見る.

こちらの親分,トム先生は,「テレビを沢山見なさい.」とおっしゃる.こちらのテレビは英語の字幕スーパーが全てのチャンネルで読める.もちろん英語である.耳の不自由な方のためらしい.これを読みながら,英語を聞きながらテレビを見るわけである.一生懸命読んでいると,それなりの意味はなんとなく分かってくる.特にドラマやコメディは,生活習慣を交えた物語が多く,番組から英語以外のいろいろなことを教えてくれる.一石二鳥である.もっとも,昨今,日本でも衛星放送や2カ国語放送があるので,それを視聴することとあまり変わらない.但し,一日ちょっと見たぐらいでは絶対足りない.見る全ての番組を英語で聴く.そうすると,こちらの環境に多少近づく.

なんだ,アメリカナイズはたった3つなのか?このままではお前もアメリカナイズのポーズを決めるしかないぞ!!とお叱りを受けそうである.もっとも,これだけ満たせばアメリカナイズの資格を与えるというものでもないから,結局は自分に良い意味で何かの影響があれば,それだけで良いのかもしれない.しかし,自己満足では面白くない.更なるステップアップのアイデアを模索中である.

大いに反省

野球の野茂選手や,サッカーの中田選手など,即戦力で外国でそれなりの実績を上げ,現地でますます磨きをかけておられる方々には,頭が下がる.ポテトチップスにビールを飲みながら,海の向こうで活躍する日本人を良いの悪いの言っていた自分が本当に恥ずかしい.大いに反省し,活躍されている日本の方々を心の底から応援したい.