東半島
 Seaside Line Route 213


国東半島は大分県の北部にあります。国東半島は海と山に囲まれた自然豊かな場所です。
また、仏の里といわれ、格式高い寺院、仏像などがたくさんある神秘的な場所でもあります。

今回はこれから暑い夏に向けて、ひとあしさきにおすすめのビュースポットを紹介します。



スタート地点は西国東郡真玉町からスタートです。
まずは、真玉海岸です。

ここから見る夕陽は絶景で、日本夕陽100景にも選ばれているほどです。


車から降りてみると、地上絵のような不可思議なラインが目の前に現れました。
水平線もまっすぐ伸びてきれいです。


真玉海岸を後にして、次の目的地へ。
水平線を横目に見ながらのドライブはここ、国東半島でしか味わえません。



南下して西国東郡香々地町の長崎鼻リゾートへ向かう道路の助手席からの風景です。
雲の隙間から指す太陽の光がいい感じです。


ここ長崎鼻リゾートには景色のきれいなところにベンチがあります。
2人で夕陽をみながら・・・・というのはどうでしょうか?

今回は専属モデルにたたずんでもらいました。


ここはほんとに大分県?という感じでしょ?
沖縄にいるような感じがしますね。
コテージがたくさんあってこれからの季節にはおすすめの場所です。



さらに車は南下し、次に訪れたのは東国東郡国見町と国東町の境にある向田(むかた)海岸です。
ここは、数ある国東半島の海水浴場の中では穴場のスポットです。

ここでは海水浴だけではなく、手軽にキス釣りが楽しめるポイントとして最適です。



国東町に入って、最初に眼下に広がるのはここ、来浦(くのうら)海水浴場です。
ここを含め、国東半島の海岸は遠浅なんです。家族で来るには安心して遊べる海水浴場ではないでしょうか。



来浦海水浴場をすこし南下すると、また海が見えてきます。
ちょっと入ってみると、そこに広がるのがこの景色です。
ここはカップルには最適な場所です。

ここは道路に面していないのであまり人が入ってこないということで
プライベートビーチのような感覚でカップル、仲間とのバーベキューなどの時間を過ごすには最適な場所です。



そして、今回の最終地点は東国東郡武蔵町です。
ここ武蔵町には大分空港があるため、飛行機の離発着を見ることが出来ます。

今日はあいにく霧で視界が悪いですがここも超穴場です。
夏は花火大会もあっていい場所です。


今回は梅雨の合間ということで、天気があまりよくなかったのがちょっと残念ですが、みなさんぜひ行ってみてください!
もちろんBGMはサザンかな?

つぎに訪れるのはあなたの町かもしれない・・・。


つづく。


今回のルート

  西国東郡真玉町香々地町東国東郡国見町国東町武蔵町  走行距離 50km 約1時間30分


  もっと詳しく知りたい方はこちらまで。


国東半島ML                 TOP               COARA