BBコンテンツつくり勉強会
2003.12.7-2004.6
BB(ブロードバンド)時代にふさわしいデジタルコンテンツをつくりましょう。って言うとただDV編集やら、インターネット配信やらのお勉強と思ってしまいますが、この会はちょっと違います。いちばんの目的は、ふるさと大分の宝物を発見しよう、そしてそれをデジタルコンテンツとしてまとめ、インターネット配信しようということなのです。
12月に始まり、DVの基礎から、シナリオづくり、編集、配信まで技術的な勉強をしながら、大分の宝物を発見していく、そして5月には大々的に発表会をするという半年がかりの勉強会です。
どんなものができあがるか、楽しみながら勉強していきます。
講師は狩谷新さんです。 プロフィールはこちら(ブンゴチャンネルのHPより転載)
このページは、随時追加更新しますので、新しい回が上に来ます。
2004.2.8 (VOL.5)
会場は大分市のグリーンカルチャーセンター。木の温かみのある、レトロで個性的な建物です。ここの視聴覚室を使わせていただきました。日は、プレミアの使い方をさらに詳しく。すいみん不足の私は、もうろうとしながらも・・・。後半は、実際に計画しているメンバーのシナリオを具体的にアドバイス。たいへん、参考になりました。藤野さんの著作権についての話もあり、中身の濃い勉強会になりました。
DVキャプチャーについて話す狩谷氏 著作権の話をする藤野氏
2004.1.25 (VOL.4)

今日は大分市の視聴覚センターです。日曜日の午後4時間みっちりやります。今日はついにプレミア(DV編集ソフト)の使い方。おお、デジタル編集とはこんなに簡単に魅惑的な映像が作れてしまうものなのか。十年前にながーい時間をかけてちまちま根気よくやっていたあの作業は何だったんだ・・・そして、シナリオの作成について。いいですか、大事なのは「転」です。「転」が長いんです。と、言われたはずだけど、どうしても前フリが長くなっちゃうんですよね。

2004.1.14 (VOL.3)

今回はシナリオ作成について。やはり何事も基本は起承転結です。なかでも「転」が大事。「転」のない人生なんて、スパイスのない料理といっしょだ。(これは私の談。)しかし、目下の問題は、自分の作品のテーマを何にするか。ありそで、なさそで。
写真ではわかりにくいですが、メモ帳でぱたぱたテキスト入力。講座を聞き書きしながら打っていくと、どんどんたまります。この講座はいつもわかりやすく内容が濃いので、いくらでもメモが増えるのです。お隣さんも、その向こうさんも、ぱたぱた入力しています。

2004.1月某日 DVとプレミアをついに買う

キャノンIXY DV M2(写真右)
写真画質もいいので、これ1台で動画・写真と使い回しができます。BBコンテンツづくりに活躍、するはず。
アドビ・プレミアLE(写真左)
デジタルビデオをパソコンで編集するソフトです。勉強会で使い方の講習があるのでそれに向けて買いました。とりあえずは自習、自習っと。

2003.12.21 (VOL.2)
撮る人々その1 撮る人々その2
講義でロングショットからミドルショット、そして寄りのショット3つのショットの構成でつくるということを習いました。早速、パークプレイスで実習です。テーマはイルミネーションを撮れ!。けっこう、むずかしいです。どこをどう見せるのかというテーマがなく、漠然と撮っていたのでは構成ができない。イルミネーションはじっくり堪能できました。
2003.12.7 (VOL.1)

これから半年かけてデジタル編集を勉強して作品をつくっていきます。講師の先生の話が、興味深く、かつ面白い。20へぇものの話がたくさんありました。おかあ、デジタルビデオ買っていいかなぁ、あ、いあや冗談だよ、冗談。ほしいなぁ・・・ぼそぼそ。
肩越しに参加者のみなさんをノーファインダー、ノーモニターで。(写真右)
お、けっこううまいじゃん。手前の水色の肩が、わたしです。

reported by miyashu
風に吹かれて