京都、宇治巡り、カフェ巡り
2015.8.14-16
今年のお盆も京都です。
なぜって、そこに京都があるから、ではなくて、京都戦があるから(笑)
http://www.coara.or.jp/~miyashu/tori/2015/20/20.htm

でも試合だけじゃなくてしっかり京都も堪能しなきゃ。
今年は家族3人ゆったり京都の旅となりました。
テーマは、宇治巡り、源氏物語巡り、カフェ巡り。
そして、手作り市。
cafe&dining fleur
大阪伊丹空港から京都駅直行のリムジンバスを降りてすぐエルイン京都に荷物を預けて、さっそくランチ。
京都駅から歩いてほどなくのパンケーキの店、cafe&dining fleur(フルール)へ。

開店から20分ほどだったんだけど、え、え、え、の行列。
店の前のオープンカフェスペースに椅子をぎっしり並べて待機列。
さすがにパンケーキの店とあっておねえちゃん、おねえちゃん、おねえちゃん、おにいちゃん、おねえちゃん、おかあちゃん、コドモ、おねえちゃんみないなかんじで、おねえちゃん率8割か。

うわ、ふわふわふわ。
とにかくふわふわ。
おかあのパンケーキをちょっともらって食べたけど、まあ、ふわふわ。
自分が頼んだ豚肉と山芋のオムライスもふわふわ。

ふわふわとろとろ気分で店を出て、とにかく旅はスタートしたのでした。
宇治・平等院鳳凰堂
京都駅からJR奈良線快速で17分、宇治駅に降り立つ。
宇治橋のたもとで紫式部像なんか拝みつつ、いざ平等院へ。
うーん、平等院ってよくよく考えたら中学校の修学旅行以来ではないか。
何十年経ってるんだ。

改修されたばかりの平等院は、とてもきれいで、鳳凰さんも金ぴかぴかでございました。
さすが、世界遺産。
グッズ売り場がなんとなく面白い。
へえ、こういうのがこんなグッズになるんだ。
なぜかおかあが平等院のクリアファイルに興味をひかれて、あとあとまで買わなかったことを悔やんでおりました(笑)
宇治上神社
さて遺産を巡るぞ、っと世界遺産に「古都京都の文化財」のひとつとして登録されている宇治上神社へ。
神社建築として現存最古とされる宇治上神社。
こぢんまりと静かな神社でございます。
ぱんぱん、と拝みつつ、古都の夏を味わう。
源氏物語ミュージアム
そのままの流れで源氏物語ミュージアムへ。
源氏物語の舞台となった宇治の各地を巡りをながら、ミュージアムの展示を見ると、なんだか物語の世界が、現実の過去の出来事のように映る。
閉館前のあわただしい時間をぬって、見学。
資料を買う。
中村藤吉本店
宇治駅前にでーんと構えるお茶屋さん&カフェの中村藤吉本店へ。
え、え、ええ、夕刻のこんな時間にこんな並ぶの?
お茶タイムじゃなくて夕飯の時間になっちゃうよ。
ってことで、あきらめてお土産を買って出る。
もしも屋
寺町通五条、ちょっと細い路地沿いに赤い煙突が目印の「もしも屋」。
野菜とお酒とミュージックと分かりやすいコンセプト。
野菜がうまいんです。
麻婆豆腐がピリ辛でうまいんです。
ひき肉と小松菜の玄米チャーハンが絶妙のふわぱさ加減でうまいんです。

カウンターでおねえさんがひとり、野菜料理で一杯飲んでるのがサマになるんです。
京都雑誌のほんの小さな記事で見かけて、行きたいと思ったお店だったんですが、大ヒットです。
店主のおねえさんも、フランクなかんじでよい雰囲気のお店です。
百万遍さんの手作り市
さて翌日。
本日は、月1回の手作りが開催されるという、百万遍の知恩寺へ。(知恩院ではない)
「百万遍さんの手作り市」というこのイベント、行ってみてびっくり。
雑貨から食品、いろんな手作りマイショップが立ち並ぶんだけど、その数がすごい。
境内のいたるところぎっしり。
そして手作りといっても、いろんなショップに出しているような作家さんの集まりなので、バザーみたいなものとは全然違う。

ここのお店のショルダーが気になって気になって、買ってしまいました。
とってもよいです。
http://blog.goo.ne.jp/uma_tazuna
建仁寺
昨年も行ったけど、大雨で庭園も洪水状態だった建仁寺。
今年はすかっと晴れわたった境内を拝観することができました。
やっぱり双龍図には圧倒されました。
毎年行ってもいいくらいのぜひ訪れるべき京のお寺認定。(感想には個人差があります・笑)
出町 ろろろ
お昼は「出町 ろろろ」というお店。
ここは席数も十数席と少なく人気店なので、予約必須。
この日もランチは、予約オンリーで満席でした。

ろろろ弁当1080円は、今日野菜メインのやさしいごはん。
最近、ヘルシー志向のおじさんには、とてもうれしいお店です。
店主がトリニータの阪田選手に似ているんだけど、誰もそのネタをわかってくれそうにないので、ちょっと寂しい(笑)

箸置きまでが「ろ」なんて凝ってる。
京都国際マンガミュージアム〜イノダ珈琲、そして西京極スタジアムへ
京都国際マンガミュージアムでなつかしマンガに心踊ったり、イノダ珈琲本店でジャンボシュークリームにチャレンジしたり、三条烏丸あたりをまったりと過ごす。
それにしてもイノダのジャンボシュークリーム、いや、ほんとはんぱない大きさ。
食えるかなと思ったけど、クリームがあっさりで美味なので、ぺろっといけちゃいました。

あんまり立て続けに食い過ぎて、しかも、旅行中はウォーキングノルマを果たしてないので、いっちょ歩こうと思い立つ。
京都戦がある西京極スタジアムまでの道のりを、途中まで歩こうと、阪急京都線烏丸駅から四条通りを西院駅まで。
歩くと、ふつうの街並みでもいろいろと興味深いものが目につく。
もうちょっと涼しい時期に、ひたすら歩いてみたいもんだと思う。
廬山寺
さて最終日。
京都戦のがっくりを多少ひきずりつつラストデー。

本当は二条城に行こうってはずだったんだけど、前日、「出町 ろろろ」へ向かうタクシーの中、ドライバーさんが教えてくれたのが、紫式部がここで源氏物語を執筆したと言われる廬山寺。
webで調べたら、どうも庭園がきれいらしい。
源氏物語ミュージアムに行った影響もあって、ここにしようと予定変更。

webで見た庭園がきれいすぎて、ちょっと現実にがっくりしたんだけど、興味深い資料もあり、紫式部ゆかりの地、とい言われる地を訪ねたことで満足。
Cafe Bibliotic Hello!
さて旅のラストカフェは、かねて行かねばと思っていたブックカフェ「Cafe Bibliotic Hello!」(カフェ ビブリオティック ハロー)。
店の前にはどーんとバナナの木が茂り、吹き抜けの店内には、つくりつけの本棚がどーんと天井まであり本がびっしりつまっている。
インパクトと雰囲気をもったお店。
パン屋さんが併設されているので、パンも期待できそう。

骨つきチキンと夏野菜のカレーをオーダー。
うわ、これはうまい。
娘のスープとパンと野菜サラダのランチもおしゃれ。(写真ないけど)
デザートに頼んだ季節のフルーツのタルト。
桃がみずみずしく、これも絶品。

ブックカフェと言ってあなどるなかれ。
満足ランチでゆったり気分が倍増なのだ。
美味カフェに始まり、美味カフェに終わる。
今回の旅は、たいへんたいへん美味しゅうございました。
トリニータの負けさえなければ、100点満点の旅だったのになあ。
reported by miyashu
風に吹かれて