新春やっぱり大阪・神戸
2011.1.1-4
今年の正月もやっぱり関西。
年末・年始の我が家の旅行が関西に定着して早7年目。その理由は、「お笑い」です。うめだ花月から京橋花月、そして今年はなんと「なんばグランド花月」。年末・年始でティーアップが出てるのがグランド花月だからってことで(笑)
楽しい高速の旅も、今年はどきどき
関西といえど、クルマで行きます。高速道路の旅も楽しみのひとつ。
SAごとに立ち寄って、各地のいろんな美味しいもの食べたり、お土産漁ったり。スタバでくつろいだり。ちょっとした非日常の空間を渡り歩くのは、なんともいえない楽しみなのです。
しかし、今年は大変な心配が。
年末から年始にかけて大寒波、積雪。雪になれない九州は年末から通行止めが続いています。これはチェーン必須だなと、ヴェルファイア初のチェーンも買って、装着練習もして雪道走破を覚悟。
1月1日の午後、おかあの実家へ年始を終えて、早々に旅立ち。この時点で日出−宇佐間は高速通行止め。仕方なく下道通って、北九州まで。そして、本州上陸。
しかし、美祢あたりからチェーン規制が。北九州からずっとものすごい雨が降ってて、この中でチェーンつけるのはちょっと・・・って状況。どうする、どうする?でも、こんな豪雨が続いてるなら雪積もってないだろ。
結果、大阪までの全線、雪全くなし。チェーン規制区間も無事でした。
行きの晩飯:そばとカレー@小谷SA 帰りの晩飯:瀬戸内御前?@福山SA
山口でういろうとか、広島で生もみじとか、ちょこちょこおやつをつまみ食いしながら、小谷SAで晩ご飯。ほっと一息つきつつ、三木SAで仮眠。車中泊の夜は更けていきます。
まずは、天下のNGK
三木SAでむくり。
起き抜けに大阪までひとっ走り。着いたのは「極楽湯東大阪店」。朝6時からやってるし、温泉もあるし、値段もそこそこ安い。ここを使うのは2回目です。新春とあって、タオルももらったし、ぜんざいの無料券ももらったし、気分もさっぱり。
大阪の駐車場は高い、1時間600円とか、すごいところは800円とか。で、見つけました、24時間1500円土日祝関係なし。ふふ、GJだ。よく見つけた、と自分をほめる。

で、グランド花月ですが、今回おかあの最大の目的はティーアップ。もうティーアップさえ見られればそれでいい、らしい。そのティーアップがいきなり登場。なかなか独特のテンポで相変わらずおもしろい。そして、ザ・ぼんち、トミーズ、大助・花子、桂三枝とおじさんたちが遠い目をしてやっと思い出すような大御所がずらり。これがさすがベテランの味。おもしろい。芸だね。
新喜劇はTVで見るまんま。ほろっとするとこもあって、生はやっぱりよい。
NGKに行ったなら、ぜひ食いたいものがあった。「千とせ」の肉吸い。肉うどんのうどん抜き。事前にストリートビューで場所まで行って、楽しみにしてたけど、なんと正月休み。
近くでお好み焼きでもってことで、お好み嫌いの長女を説得。塩焼きそば、豚キムチ、お好み焼きなんかを食いました。
ディープな大阪なら新世界
そしてやってきました新世界。
将棋、碁会所に立ち飲み、あやしげな露店のおっちゃん。これぞ大阪の雰囲気満載。通天閣のエレベーターは60分待ちの行列であきらめたけど、歩いてみて回るだけでもおもしろい。
そしてその後、娘たちのたっての願いで、アニメイト天王寺店へ。もちろん、こっちの方もディープな世界だったりする(笑)娘たちよ、だいじょうぶか?
行列のできる串カツやさん。ちょっと並んでみたけど、カウンターのいっぱいひっかけてるおっちゃんたちは、どうも回転が悪い。このままじゃいつまでたってもって雰囲気。
結局は回転のよさそうな串かつ「壱番」へ。タマネギとかチーズとか、なんやかんやでけっこう食いました。ふう。
ミナミをふたたびうろつく
翌日は、心斎橋界隈をうろつく。アップルストアは必須(笑)。あれもこれもほしい。と思わせるんだよな、アップルめ。アップルTVを買おうかと、ぐらついたが、思いとどまる。
昼飯は、グリコの看板のすぐ下、戎橋のたもとの油そば屋さん。その名も「麺爺・あぶら」。
黒・白・赤とありますが、白より黒がうまい、って思いました。(赤は食ってません)
あの有名な戎橋の下ってロケーションがおもしろい。

そして、食後にたこ焼き(笑)
まっぷる、ぐるなびで1位と看板に書いてる「十八番」。
けっこう並びました。ソースと塩半々で。かりかりの外側と、とろとろの中身。そして塩って組み合わせがベストかと。これはこれでおいしい。
腹ごなしに歩きつつ、なんばパークスへ。
大分のパークプレイスとか、福岡のキャナルシティとか、複合型商業施設は地元にもあるけど、やっぱ規模が違うね。中でも5Fのカルチャーフロア。&音(アンドン)の澤野工房でひとしきり試聴してました。アストニッシュアイスクリーム、うまかった。
ここはかつて、大阪球場があった跡地。
屋上には南海ホークスメモリアルギャラリーが。あの懐かしい南海のユニフォームも飾ってあります。「あぶさん」でいつも見てたユニフォームだな。
ディープな大阪を垣間見るシリーズは、鶴橋だ
鶴橋の商店街は、これまたなつかしい香りがします。コリアなエリアもあれば、目に鮮やかなトラッドオオサカってかんじの衣料品もあり。そして焼き肉、ホルモン。
焼き肉街をひとしきり歩いて、ここってお店に入る。と、なんとここは前にも来た店ではないか。
やっぱ、選ぶ基準はいつきてもあんまり変わりないってことか。
せっかくなので、上セットを。焼いては切り分け、焼いては切り分け。やっぱ、人生は焼き肉だよ。
オオサカでシネマ
さて、この旅行で重大事項が。
長女は6日に模試がある。勉強させなきゃいかん。ってことで、夜は、ホテルにカンヅメでお勉強タイム。ホテル泊の2日間、おかあがつきっきりでしごきまくった模様。

ふふ、この時間を利用して、シネマな時間を過ごすのだ。
と、探すとあった、あった。テアトル梅田。
話題の「キック・アス」が上映されている。ツィッターでもいい、いいと評判で、でも、大分では上映されてないし、予定も聞かない。ここはいっちょ、見るしかない。
梅田ロフトの地下。2スクリーンのミニシアター系の映画を流す劇場。
大分未上映、あるいは予定なしのパンフ、ポスターがうらやましい。こういう環境っていいな。
「キック・アス」はとっても痛快。あなたもきっと、ヒット・ガールにココロうばわれることでしょう。
そういえばラーメンを食ってない。
ホワイティ梅田の地下、古潭(コタン)というラーメン屋さんへ。
味噌ラーメンを食う。特別うまくもないけど、まあ、ラーメン食ったってことでよし。
神戸・南京町で何を食う
翌日は、神戸だ。
まずは南京町へ。次女はちっちゃいころここで桃マンにはまって、南京町といえば桃マンってことになってる。
まずは、屋台で桃マン。次にパンダマン。次にゴマ団子。なんかあんこばっかりひたすら食ってる。挙げ句の果てには、昼食に入った店でも桃マン。よく食えるな。
昼食は「鹿鳴荘」ってお店。
あっさりさっぱり味がお好みならここはおすすめ。
こってりがいいやって人には、不満足かもしれません。
南京町をあとにして、ハーバーランド界隈でお買い物。
ネクタイを買おうと、ひとしきり見るけど、決められない。もちろん、おかあに手伝ってもらうけど、決められない。この世の中でいちばん苦手な決断。ネクタイを選ぶこと。
結局、買うには買ったけど、それがいいのかどうかも分からない。何だろ。
reported by miyashu
風に吹かれて