福岡ブルーノートを愉しむ
Workshy Live on 9.2.02
ブルーノートというのはどうも敷居が高く、オトナの音楽ツウが出入りする場所だというイメージがあって二の足を踏んでいました。
でも今回ワークシャイのライブに行ってそんなイメージは一変しました。
食事しながらゆったりと音楽を愉しめるなんともココチよい空間、スタッフと方もとても親切。
ステージまでの親密な距離と、くつろいだテーブルは、また次も来ようという気になります。
通常2回ステージですが、予約をしても席は当日きまります。早めに行って並び、案内される順に好きな席が取れるのです。ステージ正面の一番後ろのテーブルは一段高くなっていて、ステージからの距離もちょうどよくオススメです。
ペアセットという企画があり、ミュージックフィープラス1000円で食事付きでした。下の写真がそうです。これはとてもお得でした。
今日のメインはクスクス。モロッコ(北アフリカ)の料理です。
粒状のパスタを野菜スープに浸して食べます。
ワイン、デザート、コーヒー付きです。
なんでモロッコ料理なんだ?と思いつつ、あ、有名な市があったよねえ。うーん、カサブランカだっけ。花の名前だけじゃなかった、確か。あの映画の・・・。
そんな会話が飛び交う中、これは何?とスタッフに聞く。野菜スープだが、彼は厨房に聞きに行き、ひよこ豆と、芽キャベツとズッキーニと、トーガンと・・・と手に書いてきて教えてくれる。親切である。で、トーガンって?とさらに疑問は深まるばかりであったが・・・。

そんなことをやってるうちにいよいよステージが始まる。
本当にメンバーの表情の一つ一つまで見える距離で、呼吸を感じながらのステージ。うーん、よいなあ。ゆったりと聴ける。これは本当にいいぞ。
みんなぞろぞろ帰っていく中で、様子をうかがいながら聞いてみる。サインはもらえないですか。
楽屋通路まで案内してくれ、お二人が出てきた。でも、サインを待っていたのは私たちのグループだけだったようだ。なぜだろう???
そしてサインと記念写真。おお、本物だ。でも、ワークシャイのお二人の方がちっちゃく写ってしまったぞ。うーん、失敗だ。ま、いいか。
上の写真が小さいので、ちょっと大きく切り取ってみました。サインは新作のジャケットと、ブルーノートのコースターにしてもらました。いいでしょ。
ブルーノート福岡に行ってみようhttp://fukuoka-bluenote.com/
ワークシャイの新作が聴ける
http://columbia.jp/~workshy/
reported by miyashu
風に吹かれてCafeBleu大分コアラ