湯布院温泉の歴史

布院温泉としての歴史は同じく豊後風土記(733年)に別府の血の池地獄、海地獄の記述があることから同じ由布、鶴見という火山群を源として湧出する温泉群としては同じ頃には温泉として知られていたものと思われるが確かな記録は全く存在しない。

代は不祥だが一行脚僧が夢の中で弘法大師のおつげにより発見した御夢想温泉とか、地蔵菩薩の霊感により湧出した堂本温泉とか、薬師如来の霊感による湯の坪温泉だとか湯布院は仏教と関係の深い伝説が多いのは興味深い。

かし、大体は地元の人のみの温泉だった。その中で湯の坪温泉は江戸時代も湯治客で賑わっていた。しかしなんといってもその頃大変栄えていたのは別府温泉である。

治、大正と繁栄を続ける別府に油屋熊八という人がいた、彼は由布院に別府の奥座敷としての別荘を建て外国人や要人を次々と送り込んで今日の湯布院のもとを築いた。

その後、別府から長崎まで通じる九州横断道路、(やまなみハイウエー)が完成し多くの人が湯布院へ訪れるようになった。

ゆふいん音楽祭へ戻る