play2j

大分市 : 永野 美恵子

本の九州と言えば暖かい所と思われています。一年中太陽が輝き、人々は雪なんて見たことも無いのではないかと。でも九州も春夏秋冬、季節の移り変わりははっきりしていて、気温の変化も結構あります。夏は35度にも、そして冬は零下になることも、、年に何度か雪も降ります。そんな時、子供たちは大喜び、大きな雪のボールを作って積み重ねて雪だるまを作ります。りんごや石で目や口をつけたり、バケツの帽子を被せたり、、、

たお盆の上にかわいいウサギを作ったりします。うさぎの赤い目は南天の実、耳は葉っぱ、子供達が遊び疲れて眠りに着く頃は雪のウサギも姿を消す、、、きっと月に昇るのでしょう。


日本の遊びのページ

mieko@fat.coara.or.jp