English

あと5日by Mie


2000年12月27日:ちょっとおそめのクリスマスコンサートin天井桟敷
湯布院の亀の井別荘・天井桟敷で夜8時から素適なコンサートがありました。

いつもは喫茶ルームの天井桟敷も今夜は素適な演奏会場に変身、湯布院の音楽好きがたくさん集まって楽しい演奏を待っています。

今夜の演奏はアコーデイオンの伊藤浩子さん、フルートの桐原直子さん、ギターのシルヴァン・ディオニーさん(
右の写真)。そして、なんと飛び入りの特別ゲストは、クフモ音楽祭を主催なさっているヴァイオリンの新井淑子さんチェロのキンネマさんご夫妻の演奏でした。
楽しい演奏会はあっというまに終りましたが、なかなか会場を去りがたい皆さんは、またおいしいコーヒーやホットカクテルを頂きました。


ゆふいん音楽祭でいつもご一緒の桐原直子さんの素適な演奏の余韻が覚めやらぬ私達です。左の写真は桐原さんを囲んで、左は日野さん、右は麻生さんです。

back next


今夜の「ちょっとおそめのクリスマスコンサートin 天井桟敷」は亀の井別荘の若い中谷太郎さんの挨拶で始まりました。
「この天井桟敷は昭和49年に出来ました、今夜もこの会場に来ている伯父、伯母の二人が中心になって育ててきました。2-3年後始めて天井桟敷コンサートが開かれ、その時の演奏者が桐原直子さんです。そして、この20世紀を締めくくる今夜のコンサートにも出演して下さるのはとてもうれしいことです。どうぞ皆さん、ごゆっくりして楽しんで下さい。」

演奏曲はとてもお洒落な楽しい曲ばかりでした。特にピアソラのタンゴはフルートとギターで私にとっては珍しいものでした。
特別ゲストの新井さんご夫妻は、数日前からここに休養のために滞在なさっているんだそうですが「湯布院の音楽好きの皆さんに会いたいので出てきました。今から演奏する曲は世界初演の筈ですよ、私達がこの春に偶然、楽譜を発見して早速練習した曲です」といって演奏して下さったのはパガニーニのチェロとヴァイオリンの為の曲でした。アンコールはグリーク9歳の時の作品「雨滴」可愛い小品でした。

アコーディオン演奏はフランスの香りが溢れる楽しい演奏でした。

演奏会後は、演奏者の皆さんとご一緒に、中谷さんのサロンでのお夜食の会に出させて頂き楽しい時間を過ごしました。ありがとうございました。