English

あと14日by Mie


2000年12月17日:大分友の会子どもクリスマス会を開きました
子どもクリスマス会に出席する子供達がお母さんと一緒に次々と友の家にやってきました。

元気にきたお印に、壁のツリーにステンドグラスのクッキーを下げます。そして金色のベルの名札をもらって胸に下げます。
友の家の窓にはお母さん達の作った「キリスト生誕」のステンドグラス風の切り絵がはられ、部屋の中には、クリスマスの飾りがいろいろ置かれています。

友の会からの挨拶のあと、「クリスマスって何でしょう」というお話を静かに聞きました。
バングラデシュの子ども達のお話を聞いたあと、皆でクリスマス献金をしました。

その後は、鈴やマラカス、トライアングルなどを持って「あわてんぼうのサンタクロース」の合奏をして楽しい時間を過ごしました。
その頃、台所ではお茶会の準備が整いました。お母さん達の焼いてきたシフォンケーキにフルーツやホイップクリームを飾りとてもきれいです。
そしてみんなで、お祈りをしてからおいしく食べました。

みんなで今日、聞いたお話やお友達としたことなどを家に帰ってお父さんや皆さんにお話しましょうね、と約束をしてツリーに貼ったステンドグラスクッキーをもらって帰りました。
back next