インタビュー・ 2006年4月号 スクリーン SIMONSEARCH より

KBS月火ミニシリーズ 「春のワルツ」試写会

2006年2月28日
、竜山OGVでKBS月火ミニシリーズ「春のワルツ」が始めて公開された。幼い時、南海岸の島村で一緒に育った少年と少女がオーストリアでまた会った後、暖かい愛で傷を癒していくという話を盛り込んだ「春のワルツ」はドラマ時事では異例的にスクリーンを通じて限定期間の間、公開された。上映を待ちながら着席した記者団の間ではそれほど作品に自信があるということではないかという、期待が行き交じったし、ついに俳優達が舞台に上がった「春のワルツ」チームは春の雰囲気を演出した。ユン・ソクホ監督から子役の俳優まで春を連想させる衣装で着飾って現れたから、緑色上着を着たユン・ソクホ監督と夫々に青色と黄色いワンピースを着たハン・ヒョジュとイ・ソヨン、そして赤色とモお色の上着を着た子役の俳優達が一団とあんってはっきりと現れる春を成した。この席でユン・ソクホ監督は「映画の場合は完成後公開するのに、私たちドラマはこれから大長征が始まる。たくさん励ましてください」と挨拶を伝えた。舞台あいさつ直後公開された映像は大長征の序章となるべく1回らしく主人公たちの始めての出会いを映し出していた。ユンソクホ監督特有の叙情性がとけていると同時に気働きが引き立つ。1回分を鑑賞した取材陣はドラマの成功的な放映をかくしんするという 声を高めたりした。

特に季節連作の他の女主人公たちに比べて逞しくて明るい面がたくさん目立った女主人公、ウニョンの場合、残酷な冬の痛みを持ってからも明るく咲き始める春とそっくりな部分が多かった。ここにウニョン役を引き受けたハン・ヒョジュは「銀霊異の性格は四種類脈絡で分けることができる。明るくて純粋で、可愛くて女らしいのがそれ」と説明した。また季節シリーズの女主人公たちは皆、清純で哀れで弱いが銀霊異は、雄雄しいと同時に女らしい姿もお見せしなければならなくて努力中だ、と付け加えてウニョンというキャラクターの差別点を話した

「春のワルツ」チームがオーストリアに発つ直前にウニョン役に最終抜擢されて「びっくりキャスティング」

という荷札をつけて通ったハン・ヒョジュは「オーストリアに行く1週間前にキャスティングされて本当に信じられなかった。ずっと問い問い返してそうだった。ところで実際にオーストリアへ行くから私が本当の撮影をしていたよ。(笑い)負担もなった。主人公としてドラマを導かなければならないから、しかし、撮影をしながらますます希望が生じた。今は負担と欲心を捨てて、自然に演技しようと思う」という所感を伝えた。
引き継いで「監督さまありがとうございます」という挨拶をしてユン・ソクホ監督の微笑を誘った。ユン・ソクホ監督は「初めに見て印象にたくさん残った、普通俳優達に初めて会えば挨拶ばかりするのに、ハン・ヒョジュの場合シナリオを読むようにして見たかった。ところで感じが良かった、とても明るいイメージだった、ウニョンというキャラクターとあたる部分が多かった」とハン・ヒョジュをキャスティングした理由を説明した。

新人にもかかわらず、それにピアノを全然引くことが出来ないというものを言いながらも孤独なピアニスト「ユン・ジェハ」役を立派にやりこなしたソ・ドヨンにも感心が集中した。既存のモデル出身演技者達とは差別される演技力と叙情的な雰囲気を催すそれに対してユン・ソクホ監督は「私が苦しめた」と言って耳目を集めたりした「私がちょっと苦しめた、この日ともそれほど話す 新人を主演で書くときはデータがなくて直感や動作ウ力によるしかないのに、それでしきりに会って、ご飯も食べてシナリオも読むようにした。目つきが深くて、悲しくて、ざらざらしてつやがない漢字、こんな城館を全てもっていたし、音色が太いながら孤独な感じが気に入った。発展も早い」
これにソドヨンは、「監督様がずっと会いながらも君が主人公だというお話を言わなかった、それでガールフレンドと付き合うように自然に今度役目を引き受けるようになったとユンソクホ監督にいじめ(?)にあった家庭を気ばたらきある比ゆで説明した。引き継いで「一場面死ぬ覚悟で熱心にした。実際にピアノは全然弾くことができないピアニスト達の公演をたくさん見て身でかんじながら演技の元声にしたという言葉で縁起に対する熱情を現したりした。
ダニエルヘニーはユン・ソクホ監督に強い信頼を言えてくれあようだった。この日ユン・ソクホ監督は「初めて会ってからよほど魅力を感じた、眉毛や唇の動きみたいなことが私には新鮮だったし、あんな感じを画面に盛れば魅力ある気がした。それで他の作品をする時、必ず一緒にすると年をおしたが脳裏で忘れなかった世、そのためフィリップというキャラクターをつくるようになったと新しいキャラクターを作ってまでダニエルヘニーを起用した理由を説明した。引き継いで思ったより良くしてくれて、満足だ、という言葉を付け加えて満足感を現したり「私の甘えは気ムサムスン(MBC)以後、熱い感心を受けて来たダニエル・ヘニーはこの日、フィリッピンとインドネシアから来た記者団の質問を受けるなど国際的な人気を誇示した。
モデル出身だか創造的なことがスキで演技をはじめるようになったというかれは演技が私を表現するのにモデルよりふさわしいようだ、と演技の魅力を話すうえフィリップが私の名前はキムサムスンのへんりーより浮気者だ(笑い)性格も活発で実生活でどんな人に会っても用意が出来ている人と言いながら二つのキャラクターを比べたりした。前作より韓国語演技が増えたことに対しては、シナリオリ−ディングの時、付いていきにくかった、それでも相手俳優たちが忍耐心を持って対してくれて大変絵はないようにしていると難しさを吐露した。
「新入社員MBC」「春の日SBS」で悪役を引き受けたのに相次いで最近、「結婚しましょうMBC」では小面憎い二番目嫁女に出演しているイ・ソヨンは「春のワルツ」ほどは風変わりな姿をみせてくれるようになる。取材陣は「自ら思うのにしきりに悪役生涯の入ってくる理由がなんだと思うのか、と皮肉な質問を投げたがイ・ソヨンは私も善良で純粋で愛される役が好き、しきりに悪役が入ってくるのは前作イメージが強くてそうなるようだ。そして実hが目が強いという話もたくさん聞くと返事した、そしておこるが、は今まで引き受けた薬園とは地がy、そしてもし知っているか?今度はあいされることが出来るかといいながら微笑んだ、ユンソクホ監督は「カラー」を見て、イ・ソヨンの初々しさと清い笑いに比べて合コンを一番しようとした。そこに都会的なイメージまで持っていくて裕福な家庭で育ったキャリアウーマンイナとマッチが良く出来たとキャスティング理由を説明した。

君の男女主人公を皆新人俳優にキャスティングして冒険ではないかという指摘を受けたりしたユン・ソクホ監督はこの日時事以後、こんな心配を皆払拭させたようだったここには前作くらいではない前作よりという心得が最大の影響を及ぼしたこと、ユンソクホ監督は前作たちが愛に集中したら、今度は地平を広げたかった。ここで二人の男女主人公は傷に記憶される過去を持っているからまた会った時、気軽に愛をしにくい、その点が前作と一番違う、男が傷つけて去って、女は傷を抱いて生きて行くのにこれを通じて人間的な仲直りと容赦を描きたかった。すべての葛藤は容赦にけち臭くて生ずるのではないか?こんな部分をドラマの中に溶解させてそれではこれとしてドラマ領域を拡張させたかったと春のワルツを通じる新しい朝鮮に対する夢をほのめかした。
文・張沿線記者 写真新軽微


ユン・ソクホ監督の季節連作最後の便である「春のワルツ」がしっかり隠しておいあ肌を現した、春とともに尋ねてきたこのドラマ、ブラウン管に気持ちよい春の風を駆って来ることができるか。

パク・ウニョン(ハン・ヒョジュ)
就業準備生 海苔巻きやサービン具をしたり飾りを作って弘益大屋台で販売をしたりする。善良でまろやかに見える見掛けとは違い強い面があってかなりの大変なこともよく我慢して勝ち抜ける。幼い時代の痛い思い出をおさめているが常に明るくて皇帝的に暮らすために努力する。なんでも手で作るのに才があり、関連公募展で入賞もする。副賞で見学に行くようになったオーストリアで特別な縁に会う。



フィリップ(ダニエルヘニー)
ユンジェハのグローバルまねーじゃーと同時に一人しか居ない友達、一時はピアノを勉強したが今はピアニストのマネージャーに切り替えた。素敵な外貌とマナーにユーモア感覚まで取り揃えて女達にもてる。誰とも肯定的な疎通を導き出すかれは自分の生を心より楽しむことが出来る。オーストリアで初めて会ったウニョンに惹かれるようになりながら彼の生も少しずつ変化し始める。


ユン・ジェ(ソ・ドヨン)
ピアニスト、オーストリアで活動し国際的なコンクールに入賞しながら韓国でも注目されるようになる。ピアノは彼の人生の全部、その他に他のことには関心がなくて、人にも特別は情を与えない、マナーはあるが冷たくて時には気難しく見えるまでする。しかしこのような見かけ後には誰も分からない内幕が隠れている。外交官に入養子となってチェハという名前で生きていくようになった彼には誰にも打ち明けることが出来ない幼年時代の記憶がある。


ソ・イナ(イ・ソヨン)
アルバム企画社室長、よい家で正しく、常に明るくて自信感が過ぎる、元々楽器演奏を勉強してビジネスの方で専攻を買えた。仕事をする時は冷情なキャリアウーマンだが、少女的感受性を持った純情派の姿も持っている。幼い時代からチェハに惹かれていた彼女は偶然に再会記事に接して彼の韓国進出を助けることを決心する。


 ソ・ドヨン,“チャ・スンウォン,ユ・ジテ,偉い”  2006-02-17 13:45
[マイデイリー=南岸右記者]
KBS 2TV ‘春のワルツ’(キム・ジヨン,ファン・ダウン脚本,ユン・ソクホ演出)の主人公を引き受けて,一躍話題人物に浮び上がったソ・ドヨン(25)がチャ・スンウォンとユ・ジテに対する尊敬の意向を明らかにした。
最近マイデイリーと行ったインタビューでソ・ドヨンは“チャ・スンウォンとユ・ジテ先輩が真にすごい方だと考え”として“モデルは静寂で,演技は動的なことなのにこの2種類の役割をつくされる方がチャ・スンウォンとユ・ジテ先輩だ”と伝えた。
去る2003年8月満期除隊して2ヶ月間アルバイト年集めたお金でモデル学院に登録,モデル日を始めたソ・ドヨンは“モデルと演技者は厳格に他の職業で,持っている性格も違う”としながら“モデル出身で演技者で成功されたお二人様を見れば本当にたくさん努力した演技者だ。 それでそのようなスター席にまで上がってこなかったようだ”と説明した。
ソ・ドヨンは‘夏の香り’ ‘秋の童話’ ‘冬のソナタ’等韓流熱風の始めをヨン・ユンソク号PDの最後の季節連作シリーズ‘春のワルツ’で新鋭ハン・ヒョジュ(ウンギョン)とかすかな愛を描く男主人公を演技する。 幼年時代田舎で会ったハン・ヒョジュを胸深々と閉じ込めておいたまま生きていくピアニスト ユン・ジェハだ。
彼は季節連作シリーズの最後の便宜主人公でキャスティングされたという負担感に対して“ユン・ソクホ監督様がその間純粋できれいな愛を感受性濃厚に表現しようとされた”としながら“その愛に対する完結編はないようだ。 連作最後のシリーズだが,最後でないまた他の愛の開始を見せる”として負担感よりは強い意志を現わした。
ソ・ドヨンは“映画‘プリマーを咲いて’でエドワード,ノートンが見せた二重人格者の性格とキャラクター,最後の部分に大きい反転を与えて,人々がビックリ驚くようにさせることができる役割をしてみたい。"として個人的な欲も表わした。
 
[来月6日初放送するKBS 2TV新しい月火ミニシリーズ'春のワルツ'でハン・ヒョジュと真の愛の意味を刻んでくれる新鋭スターソ・ドヨン. 写真=クァク・ギョンフン記者kphto@mydaily.co.kr]
(南岸右記者naw@mydaily.co.kr)