English

11月11日、阿蘇の秋を楽しんできました。  by Mie
秋を満喫したくて、ドライブに出かけました。朝、早く起きて車を久住の方へ走らせました。だんだん、東の空が明るくなって、やがて、久住高原に着く頃に太陽が昇りました。雲がバラ色に輝いて久住連山に朝がやってきました。

久住連山がくっきりと雄大な姿を見せています。高原はすっかり草も枯れて、やがて来る冬を待っている所です。
南を見ると、阿蘇の山々がくっきりと見えています。左はごつごつとした姿の根子岳、右は高岳です。久しぶりにあの山の側まで行こうということになりました。
久住連山を見ながら車を走らせます。熊本県、大分県と立て札の目覚しく変わる県境の道路を走っています。山々は赤や黄色に木の葉がとても美しい姿をしています。

阿蘇カルデラの外輪山にやってきました。ふと、下を見ると、カルデラ一面に霧が出ています。まるでミルクを流したようです。あまりにも思いがけない幻想的な光景にしばらく見とれてしまいました。時計を見るとまだ朝の9時前です。
扇谷展望所に立つと、まるでミルクの海に乗り出した船の舳先から眺めているような気分になります。
ミルクの海に乗り出し、阿蘇の南側へと車を走らせました。阿蘇の南面は、長陽村にやってきました。とてものどかな所です。時々ハッとするような紅葉に出会います。
地獄温泉という立て札に引かれて登ってきました。古びた大きな木造の旅館の温泉でした。ここは、昔ながらの湯治場といったほうが良いような温泉場です。
まだ、10時ですが、温泉に入ることにしました。屋根だけがある温泉で白く濁ったお湯が溢れています。

ぬるいお湯に長く浸かっていると、体の芯から温まって来るそうです。いろいろな効果がある酸性度1.7という気持ちの良い温泉でした。




地獄温泉清風荘:熊本県阿蘇郡長陽村河陽2327
09676-7-0005


体がホカホカとしてきました。少し散歩です。金龍瀧という紅葉の名所がありました。幾筋もの瀧が紅葉の間を流れてとても美しい景色です。





垂玉温泉山口旅館:熊本県阿蘇郡長陽村河陽
09676-7-0006
  

また暫く走ると名水の里で有名な白水村に入りました。ふと見上げると、こんな建物が目に入りました。銀河高原ビールの阿蘇白水工場です。思わず引き込まれてしまいました。レストランもあるとのことなので、昼食はここに決めました。
  

この工場で出来るビールが美しく飾られています。右はクリスマス限定ビール。青いびんに赤いクリスマスラベルがとても素敵です。
売店には、試飲コーナーもありました。早速試飲をしている夫です。この工場は出来て3年とのことです。銀河高原ビールは全国、水のおいしい所に工場を建てているそうです。

2階のレストランはバイキング形式になっていました。お皿にいろいろなお料理をもらってきておいしいビールを飲みました。左から、新鮮なホップの香りが良いピルスナー、中央はフルーテイーな香りと苦味が調和したビール、バイツエンです。右の黒いビールはローストした麦芽を使ったスタウトです。テラスに出て景色を見ながらビールをゆっくり味わいました。

銀河高原ビール阿蘇白水工場:熊本県阿蘇郡白水村一関  09676-2-8888
  

二人でビールを飲んたので、すぐに帰れなくなってしまいました。あたりを散歩したり、また、温泉に入ったりして夕方、帰途につきました。岩嶺が特長ある姿をしている根子岳のふもとをまわり、肥後の赤牛の遊ぶ草原を見ながら帰ってきました。
今日は朝、早く大分の我が家を出て、久住から、阿蘇に行き、阿蘇の外輪山を一周したことになります。久しぶりの楽しい長距離ドライブでした。

家に帰りついて空を見上げるともう星がまたたいていました。今日の走行距離は240キロでした。

Mie Home