English


9月22日、第25回ゆふいん音楽祭打ち上げパーテイー    by Mie

第25回ゆふいん音楽祭が終わって1ヶ月半がたちました。
音楽祭と共にゆふいんに訪れた夏も、もうすっかり秋です。台風18号が沖縄海上に停滞しているための大雨の降った日の夕方、打ち上げのパーテイーが行われました。

会場に行きますと、私たち夫婦が一番乗り。お座敷にはお料理が既にきれいに並んでいました。
音楽祭のボランテイアスタッフの皆さんは夫々、仕事を終えて、予定の時刻には集まることが出来ました。

加藤実行委員長の挨拶で乾杯です。「素晴らしい音楽祭を今年も皆で作り上げましたね。大成功でした。皆さん、お疲れさま」
音楽祭代表の溝口薫平さんから差し入れのシャンパンで乾杯!
今夜はもう一つ、うれしい乾杯です。私たちの若い仲間のゆうこさんが、つい先日、ご結婚をなさったのです。皆からお祝いの気持ちを込めて大きな花束をプレゼント。

素敵な家庭を作って下さいね。

音楽祭のパーテイーというと、立食パーテーが多いので、今夜のような純和風の宴会はとっても珍しい、御寿司やさんということで、珍しい秋刀魚のおさしみや、握り、天ぷら、ナスと豆腐の味噌田楽、茶碗蒸し、とおいしいお料理にした鼓を打つ。
   

中谷健太郎さんからの差し入れのビールであっちこっちに話の輪が広がっています。私は、直子さんや美砂子さん、松本さんとおおいに話が盛り上がりました。
   

さあ、そろそろお開きにしましょうか?と加藤さんと佐藤さんが呼びかけています。最後は、今年、初めてボランテイアスタッフになって活躍をした若い二人が「音楽祭、来年も頑張ります」と力強い宣言、皆もそれに答えて、エールを返しています。
さあ、二次会に行きましょう、と外へ。雨も上がって、虫がないています。






舌つづみ「僖楽」湯布院町川上乙丸2   п@0977-84-3751
   

実行委員長の加藤昌邦さんを先頭に湯布院の駅前通りを歩いてやって来たのは、こんなモダンな階段の上、音楽祭ボランテイアスタッフの経営している「ingbar」

音楽祭のパーテイーの二次会でよく来るお店です。一緒に打ち上げパーテイーに出席していた大谷さんと友人の恵太君がカウンターに入って早速飲み物の注文を聞いています。
後ろの棚にズラッと並んだ洋酒のビン、何種類位あるの?と聞いたけれど、「僕にも分からない」と大谷さん、(写真右)
またまた、音楽祭のさらなる発展を祈って乾杯です。ここでもいろんな話で沸きました。
私は、小さな旅館を経営されている久保田さんと話が弾みました。久保田さんの旅館で小さな音楽会をしたいけど、どうしたら出来るかな、手伝って下さいな、そんな話も出ました。何かご一緒にできるとうれしいなと思いました。

時間も下がりましたので、私たちは皆さんより一足先にお暇しました。また、来年26回の音楽祭でみんなとあいましょう。それまで皆さん、お元気で。

ゆふいん音楽祭ニュース
Mie Home
Topics