English


1999年10月8日、韓国インターネット集賢殿の皆さんからの宿題を持ちよってのオフ会  
時は秋、所は大分駅前、帰宅を急ぐ人々が足早に家路に急ぐ黄昏時です。
今日は、「コアラ修学旅行」に参加して、韓国インターネット集賢殿の皆さんから預かった宿題を持ちよるオフ会です。
ソウル旅行に出発した時と同じ集合場所、大分駅前にメンバーが集まってきました。旅行に参加出来なかった夫も今夜は皆さんに誘われて参加です。左から結城さん、森さん、夫です。
今夜、車を出して下さる陶山さんが到着です。白いワゴン車、定員8名、今夜の出席者8名です。さあ、出発しましょうか?

その時、大きな声を出した人がいました。
ナント、修学旅行の団長を勤めた森さんが、「宿題を持って来るのを忘れた!」他の皆からブーイングです。ちょっと待って、、、と急いで家に取りに帰ってきました。森さんの家は大分駅から歩いて3分です。忘れたのが家の近い森さんで良かった!

さあ、今度こそ出発です。目的地は「韓日館」明野に最近出来たという韓国料理のお店です。中へ入ると美しい韓国の人形が出迎えてくれました。電気のランプシェードやのれん、座布団が原色使いのナイロンタフタ生地(わかります?)で出来ていて、韓国情緒を醸し出しています。

さあ、何を食べます?先ずはカンパイ!しかし、、、、今日は何のために集まったの?そうでした。宿題を点検する為でした。ということで集賢殿から預かってきた本の校正を持ちよって真面目に勉強会をしています。

校正は大丈夫のようでしたので、今日の勉強会はもうおしまいです。それでは早速、お料理を頼みましょう。期待に思わず笑顔のメンバーです。左から森さん、久保木さん、結城さん、陶山さん、藤井さん、Mie、とも子さんです。(撮影は永野Ken)
お店のご主人が私たちの注文をいろいろ聞いて、それならセットがいいでしょう、とのこと。お任せにしました。
プルコギ(骨付きカルビー)が焼けています。ああ、待ち遠しい。

焼けたかな?はさみでチョキチョキとお肉を切って、さあ、どうかな?とってもおいしいです。ちしゃ、カブの薄切り、キムチなどにはさんで食べます。ニラのたくさん入った韓国風お好み焼きのチジミもとってもいいお味です。

韓国の焼酎「真露」も注文。でも、ソウルで飲んだものとちょっと味が違う、となかなか微妙な加減もわかる皆さんです。右のお料理は、ナッチポクン(たこの辛みそ炒め)です。他にはチャンジャ(たらの内臓)、岩のり、チップチュ(韓国風春雨炒め)、テンジンチゲ(味噌鍋)、それにポックンバ(焼き飯)です。メニューが日本語でなければここはソウルです!と言っても通用するおいしいお料理の数々、雰囲気のお店でした。
インターネットコアラの皆さんです。お食事をしていても、やはりインターネットが気になります。早速ノートPCを取り出して接続を試みています。
お店のご主人の徐東煥(ソー・トンファン)さんが「いかがですか?」と来られました。皆でとってもおいしかったです、ありがとうといいました。インターネットに載せますよ、、といいましたら、ニコニコとカメラに収まって下さった。




韓日館・東明野1805-1рO97−556-8081
このままさよならでは勿体無いおいしさでした。楽しさでした。デザートを食べに行きましょう。また陶山さんの車のお世話になりました。
やってきたのは、森町の「JACASSE」というお店、ジャカッセというのは、にぎやかな女の子、という意味だとか。


それぞれ好きなデザートを注文しました。コッテリ、アマーーイデザートはにぎやかな女の子向きかな?こんなに夜遅く、甘いデザートは久しぶりでした。

JACASSE・大分市森町 097-524-3077
また、どこかの国へ皆で行きたいね、、、今夜は本当に楽しかったね、、と言いながら解散をしました。車を運転して下さった陶山さん、本当にありがとうございました。

back
Mie Home
陶山さんのソウル旅行のページ
森さんのソウル旅行のページ
井上さんのソウル旅行のページ