English


2月25-26日、ハイパーネットワーク'99 ワークショップ by Mie
<新しい世界、社会、ネットワーク>CANのいま
別府のスギノイホテルで25日の午後からワークショップが行われました。(写真撮影は井上さん
私たちはお昼前に会場に着き、資料作りを少しお手伝いをしました。右から天神コアラ事務局の向井さん、Ken、そして同じく天神の梅野さんです。
ホテルのロビーでは受付が始まりました。1時前から次々と出席者の皆さんが来られています。
いよいよ1時半、ワークショップがホテル7階の広い部屋で始まりました。ハイパーネットワーク社会研究所の公文所長の基調講演のあと、いよいよ皆さんの発表です。
 

まずテーマは「2000年問題」三和総研の高橋明子さんが報告です。高橋さんは、4年前、コアラ事務局に出向しておられたことがあります。次は特別講演、シリコンバレーの新しい通信ビジネスを興そうとしている Nano Space の若い二人の話。本当に速くて安い線を市と協力して引こうとしている話に会場一同、感嘆の声を上げました。またAmyさんは、アメリカのコミュニテイネットワークの話を力強話して下さいました。次々と熱のこもった話し合いが続いていきました。
 

夕方の6時半からは、会場を変えてネットワークパーテイです。尾野コアラ事務局長の司会でパーテイは始まりました。公文先生が挨拶をなさっています。
 
乾杯の音頭は地元のコアラ会員である、菅健一氏です。「別府へようこそ、存分に温泉を楽しんでください、」
 

なお、8時からは、木曜日恒例OBSラジオ番組「のマルチメデイアカフェコアラ」をスギノイパレスから生中継。今日のお客様は、セッションでお話をして下さったインターネットマガジンの編集長中島由弘氏、99年インターネット予測の記事から興味のある所を解説して頂きました。私もノートPCを持たないで本当にモバイルが出来るのですかということを質問しました。インターネット版の撮影は帆足さんです。
ワークショップ出席の皆さんもラジオ放送を見てくださっています。これはラジオ放送であり、また、インターネット放送であって、オンデイマンドで見ることが出来る、まさしくメデイアミックスの番組です。
 

ラジオ放送のあとは、また10時半まで話し合い、そして今度は、和室に移っての夜なべ談議。温泉に入って浴衣姿になって寛いだ形で、あちこち話の輪が出来ています。左は、公文先生と、藤野さん、右の写真は左から、尾野局長、Ken、コアラ事務局の草本さんです。
 

アメリカはシリコンバレーから来られた、Nano Space のフランクさん(右)とピーターさんも寛がれています。(左の写真)私も仙台、東京、熊本、北九州、福岡と日本の各地から来られた方々と楽しいお話を夜中2時過ぎまで楽しみました。(右の写真)

Next
Amy index