シリコンバレー会社巡り(その2)

レイク・タホからの帰り道にもジェームスさんはいろんな会社を教えて下さいました。シリコンバレーにたくさんの会社が進出をしてきて、土地や物価が値上がりをして少しずつその地域を広めていっているのがよく分かりました。これはサクラメントのまだ郊外のエルドラド・ヒルに出来たインテルの会社です。この会社が出来、そこへ行く道が出来、町の様子が随分変わったそうです。
シリコンバレーにも新しい会社が出来ています。
もう中心街に帰ってきました。道路の角地に懐かしい文字がみえました。富士通です。ラカンジャの花が美しく咲いていました。日曜なのでひっそりとしていました。
その斜め前の土地には分譲マンションが出来ていて募集をしていました。以前に比べてずいぶん高額分譲になってきているということでした。サン・ノゼは住宅もホテルも全く足りない状態だそうです。
富士通の角を曲がると突然、こんな真っ白の建物が見えてきます。ホワイトハウスと呼ばれているAMDの会社だそうです。
そのすぐ近くにはカネマツエンジニアリング。
ナショナルセミコンダクターの本社ビルです。
こちらにもテキサスインスツルメンスの会社がありました。ワンブロック全部という大きさです。右の木の根元に看板がたっていますが、見落としたらここは公
園かと見間違います。よくよく見ると大木の隙間からビルが見えます。本当にシリコンバレーの会社はどこも美しい、働く人の心が落ち着くそんな作りになっているなと思います。気候も本当に爽やかで気持ちがいいし、これだけの頭脳が既に集まっている、次々と会社が進出してくる訳だと納得しました。
next
San Jose record