English


1998年7月6日、最期の目的地、サン・ノゼに着きました。

1週間お世話になったオレンジカウンテイのJimさんの家をおいとましました。朝、7時半に家を出てロスアンジェルス空港へ送って頂きましたが、ちょうど出勤ラッシュで車が物凄くたくさん走っていてびっくりしました。

ロスアンジェルス空港から次の目的地、サン・ノゼ行きの飛行機はこんなプロペラ機。
機内はシートが横3列、少し不安でしたが、下の景色は良く見えて楽しかったです。海岸線を離れて内陸に入るとそこはもう砂漠のような感じです。白い線は川の筈ですが、水は見えなくて白く塩が吹いているようでした。遠くには雪を頂いた山並みが細く長く連なっています。
サンノゼ空港にはJamesさんの奥さんのえりこさんが迎えに来て下さっていました。家に連れて行って頂いて一休みをしてから、ご主人の会社へ挨拶に行きました。30年前にシリコンバレーに起業された方です。当時は荒れ地の中に数社しか無かったと話して下さいました。
どんなお仕事をなさっているのか、実際に会社の中を見学、説明を受けました。大分に来られた時にもお話を伺ったのですが、既存の電話回線を使っての高速情報通信のシステムを開発応用してマクロフイルムの作成を仕事となさっています。
見学の後は、最近出来たばかりの大きなパソコンショップに連れて行ってもらいました。そこには、こんな写真が掲げてありました。ヒューレット氏とパッカード氏です。パッカード氏はジェームスさんと同時期に起業、お互い事務所を行き来してコーヒーを飲みながら夢を語り合った仲だということでした。このお店ではデジタルカメラのメモリーを買うことが出来て本当にうれしかったです。

ジェームスさんとえりこさんの家は事務所からそう遠くないタウンハウス、庭にはこんな大きなテキサスレモンがぶら下がっています。そんな庭で今夜はジェームスさんがバーベキューをして下さいます。
私も素敵な台所でお手伝い、大きなスモークサーモンをカットするのは大変うれしい仕事でした。

さあ、チャコールの上で大きなお肉が焼けました。とってもいい香りがしています。

旅行の好きなジェームスさんが各地で集められたコレクションが置いてある素敵なサロン、カメラに写して是非、大分の人にも見せてあげて下さいと言われるのが愉快で、、、似顔絵と共にカメラに向かったジェームスさん。そしてイタリアのテーブルと中国の貴石と金で出来たかざり鉢。これも是非、紹介して下さいとのこと。遅くまで楽しいお喋りが続きました。

next
SanJose record