1998年6月30日、カリホルニア大学へ
ジムさんの家から歩いてカリホルニア大学アーバイン校のキャンパスはすぐでした。今年の9月からこちらの大学で勉強をするという学生のYさんは今、準備のためにこちらに来ています。アパートや車を捜している最中です。今日も情報を集めるために大学にやってきました。
大きな木と緑の芝生で一杯のキャンパスはとても広くて迷子になりそうです。ここはアジアからの留学生で80%を占めているとか、キャンパスにはたくさんの学生さんが来ていました。新学期に備えての英語の勉強とかオリエンテーションだそうです。学生の卵の皆さんはこのYさんと同じくこの町の方々の家庭に受け入れられて生活の仕方なども勉強中とのこと、素晴らしい取り組みだと思います。
校内の広告塔?ここに貼られているのは、、「アパート譲ります」「車譲ります」「手頃な仕事」などといった学生さん同士の情報交換のチラシです。お知らせの下には電話番号を書いた紙が下がっていて、関心のある人がその電話番号を切って持ち帰り、交渉をするというシステムになっています。
また、近くの花屋さんに来ました。まるで植物園のようにきれいにお花が植えられています。大分の我が家の庭に咲いている花もありましたが、どれも色が鮮やかで生き生きとしています。
ハンギングフラワーも大きくきれいに盛られています。紫、赤など、鮮やかな色がよく青空に映えます。何も買えない旅の身が悲しい、、、、、
バルボアアイランドの見渡せるビーチに来ました。たくさんの人が海水浴をしています。到る所、古い家がお花に囲まれて並んでいる童話の世界のような街並みを持ったビーチでした。
そして今夜はお友達を招いてスパゲテイ・パーテイーです。お客様は近くに住むUCIの地質学の先生ご一家。ジムさんが前から準備していたスパゲテイ・ソースはとてもおいしかったです。こうやってキチンでしゃべるのがアメリカ流だといって皆で大笑い。自分でお皿にスパゲテイやサラダを欲しいだけ盛りつけます。
気楽におしゃべりしたり、飲んだり食べたり、とってもフランクな楽しいパーテイー。私たちがセント・チャールスに行ってきたという話をすると、奥様のお母様が昔ここに住んでいた、と話しが合ったり、ジムさんの若い時のヨット旅行の話で盛り上がったり、言葉は良くは分かりませんが大いに笑い食べ楽しい時間でした。


片言の英語も楽しビアパーテイー


next
Los record