6月15日、シカゴに着きました

19年ぶりに降り立ったシカゴはオヘア空港です。とってもうれしくて足取りも軽く荷物を受け取りに行きました。そしてその前で予約していたレンタカーの手続きをしました。
レンタカーの会社の車で、事務所に行きます。広い広い空港です。頭の上を飛行機が飛んで行きます。真っ白の新車、2マイルしか走っていません。驚いたことにナンバープレートも付いていません。紙に書いたナンバーがガラスに張りつけてあります。こんなのでいいのでしょうか。
懐かしい地名のたくさん読める道を西へ走ってシカゴの宿に着きました。100年前に建ったという家です。家全体がアンテイックという感じ。お友達にインターネットで見つけて頂いたB&Bです。
私たちの部屋は3室ある中でも一番豪華な部屋とのこと。2階です。ここは2階に上がった所でサロンになっています。ここで朝食を頂きます。
ここが話題のお部屋。カーテンや家具が素晴らしい。右はベッドのカーテン。アンテイックな長椅子は昼寝にもってこいです。壁の時計が素敵です。そうそう、ワシントンより時差が1時間あります。早速インターネットに繋ぎました、ちゃんとコードを長くして準備して下さってました。
バスルームも素敵です。トイレの木のカバーが気に入りました。私たちのとなりはこの家のおばあちゃまの部屋です。向かいは、水色をテーマにしたシンプルなデザインの部屋になっていました。
さあ、ここで1週間、シカゴでの生活です。どんなことが待っているかとっても楽しみです。


満緑の大地シカゴや20年ぶり


next
chicago record