6月12日、スミソニアンへ行く。

主人がホームページの英訳をしてくれている間、一人でスミソニアン美術館へ行くことにしました。今日は今にも降り出しそうな天気、そんな町はまた違って見えます。
アメリカ歴史博物館に行きました。前庭に植えられたペチュニアがとてもきれいです。大人に引率された子供たちが一杯来ていました。スミソニアン博物館は10いくつかの施設からなっていますが、どこも無料で入ることが出来ます。こんな素晴らしい本物に触れることが出来る子供たちは本当に幸せだと思いました。
アメリカで見るのを楽しみにしていたキルトの作品も展示してありました。手前のキルトは一見地味ですが、バケツの模様はお母さんのドレスから作ったという1885年制作のもの、バックのステッチが蔦や小鳥を細かく細かくしてあってとても素晴らしいものです。
ずっと前に新聞で読んだ、「ファーストレデイの展示」これが見たかったのですが、ようやくここで見ることが出来ました。ワシントン大統領の奥様から歴代の方々のファーストレデイとしての働き、また美しい衣装の数々が展示してありました。中でも、セイタカアワダチソウで染めたゴールドのドレス、レーガン大統領夫人のナンシーさんの真っ赤なスーツ、ケネデイ大統領夫人のジャクリーンさんのスマートなアンサンブルなどが印象的でした。 その後はナショナルギャラリーへ行きました。あんまり素晴らしかったので、午後もまた見に行きました。
今日のおまけ、近くのスーパーで買い出しです。今日の買い物は、、、パンときゅうりのピクルスとマスタードとレタスとトマト、ハム、チーズ、左はアメリカ製のラーメンです。右手前は「ハマス」という豆をペースト状にしたものでパンに塗って食べます。その右はスパゲテイなどにかけるトマトソースです。


泰西の名画に酔いし夏の午後


next
Washington DC Travel record