6月6日、コロニアルビーチへ(ヴァージニア州)

今日は、アパートのオーナーの方に車でいろんな所を案内して頂きました。アメリカに長く住んでいらしていろんなことに詳しく説明が的確でうれしかったです。先ずはリンカーン大統領が暗殺されたフォード劇場へ連れていってもらいました。これは暗殺された時にリンカーンが着ていたフロックコート、血の痕と、切り裂いた袖が痛々しかったです。
主人の目の前の黒いのが暗殺に使われた小さなピストルです。打たれたリンカーンを真向かいのビルの部屋に運び込みましたが、とうとう亡くなったそうです。
リンカーンの暗殺されたフォード劇場のすぐ隣りは今、日本でも人気の「ハードロックカフェ」息子もこのTシャツを大事に着ているので私も知っていました。朝だというのに若い人で一杯でした。お土産のTシャツ売り場もカタログを準備していて行列ができていました。
次はワシントンの隠れた名所。「フィッシュ・マーケット」です。日本でもこれだけのお魚は見たことがありません。とてもきれいに並べてあって購買意欲をそそります。名前の分からない魚も貝もえびも一杯。種類も豊富です。ポトマック川のほとりで、水に浮いているお店もありました。
切り身のお魚、丸ごとのお魚、湯がいたもの、そして調理した物と本当にいろいろで楽しい。早速、クラムチャウダーをカップで注文、食べました。本当においしかったです。丸ごとで買ったお魚は、「カットアンドクリーニング」という所があって、切り身にしてくれます。旅の身とて、買えなかったのが本当に残念です。最近はコレステロールの問題から魚の良さが白人社会にも認めらて大繁盛とのことです。
ポトマック川の側にあるジェファーソンのメモリアルです。こちらは立像、どうしてもカメラには納まりませんでした。この建物は円形で女性的、リンカーンメモリアルは男性的と言われているようです。
ワシントンD.Cを出て、ヴァージニア州のアウトレットに連れてきてもらいました。駐車場の広いこと、そして、中は思いもかけない奥の深さでびっくり!アメリカで買いたかった、ベッドのシーツのセット、台所の用品などを本当に格安で購入しました。ワシントンに帰ったら船便で送ることにしました。
8歳の時に両親から、自分の衣服は自分で何とかするようにと言われた少年はやがて、この大きなアウトレットを経営するようになったとか。アメリカンサクセストーリーの一つというIKEAという大きなお店です。
念願の買い物もできて、いよいよ目的地へ。先ずは車にご馳走です。ガソリンの入れ方を主人は実習しています。
ワシントンを流れるポトマック川がモンロウー川と出会う所、ヴァージニア州のコロニアルビーチという町。普段の人口は2000人、夏は6000人になるそうで、家の2/3 はワシントンに住む人の別荘とか。その別荘に今夜は泊まります。その前に遅い夕食。もう9時を過ぎていますがまだ外は明るい。海の幸のボイル。お鍋に入ったまま出てきます。とってもおいしかった。それとロングライスと新鮮なインゲン。
こんなライブ演奏を楽しみながらの夕食です。御夫婦で女性は大阪に留学していたとのことで、日本語が上手でした。いろんな方がいて楽しいですね。
1ヶ月ぶりにやってきましたという別荘を開けて素敵なベッドでポトマックの流れの音を聞きながら眠りました。


黄昏の入り江にボート櫂を置き


next

Washington DC record