2018年11月28日〜12月2日:息子たちの帰省
11月28日、
今、東京まで帰ってきている息子夫婦が明日は我が家へやってきます。和室に二人のお布団の用意をしたり、リビングにクリスマスの飾りつけをしたり、と、うれしく準備しています。 
リビングの丸テーブルには、シクラメンを飾りました。マットは、昨年インドのおみやげに持ち帰ってくれたインド綿のマットです。
お友だちが、息子たちにと、お花や、紅茶、お菓子など色々持って来て下さいました。何とうれしいことでしょう。 
頂いた花篭に綿の雪をかけて、ミニツリーにしました。シクラメンの小鉢も頂いて本当にお心遣いをうれしく思います。

リビングのカウンターはとても可愛いクリスマスグッズで一杯になりました。
 
  
11月29日、
夕方、大分空港からのバスに乗ってくる二人を迎えに行きました。大分駅舎がイルミネーションでキラキラ輝いています。午後5時、点灯が始まりました。 
まだ明るいので、紅葉した木とLEDの電球が一緒に輝いています。 
予定通り、バス到着、すぐに車に乗って、我が家へ。2人が荷物整理したり、お風呂に入ったりしている間に私はご馳走作りました。
元気で帰省、ありがとう。と、ワインで乾杯、サルバライ キャンティイタリア産赤ワインです。
LINEで注文のあった餃子をたくさん作りましたが、多過ぎて、お皿に載せる時に失敗、バラバラになってしまいました。後は、サラダに、メロンに生ハム、レンコン、コンニャク昆布の煮物、ザル豆腐のカボスかけ。 相変わらずの和洋中華料理です。
 お父さんは、ノンアルコールで乾杯、とってもうれしいですね、
レンコンの煮物が本当においしかったとたくさん食べています。、お豆腐もおいしかった。ごはんはおにぎりで、食べましょう。恭代さんがおにぎりを作っています。 
海苔は、先日、北見の友人が食べてみて下さい、と送って下さった「重等級」というしっかりした海苔、香りも良くてパリパリとおいしく頂きました。
やっぱり、インドでは食べられない普通の純日本食が恋しいようです。
デザートにバウムクーヘンを買ってきました。と持ち出したのが、これ!これがバームクーヘン?リンゴ入りです。リンゴ丸ごと入ってます。
半分に切って見たら、本当に中には芯を取ったリンゴが丸ごと入ってました。そして周りは層になったバームクーヘンで覆われていました。とってもおいしい!写真にマウスを当ててみて下さい。 
玄関には大きなトランクが2個、お部屋への道を閉ざしているように大きいです。ああ、こんな大きなトランクを持って移動、本当に大変です。今夜はゆっくり寝て下さいね。
 
続く