2018年2月1〜5日建一傘寿記念旅行
2月1日:1か月早い傘寿のお祝い
夫の80才の誕生日がまもなくですが、丁度、良い旅行企画に出会えたので、博多で前泊をして少し早いですが傘寿のお祝いをすることにしました。

今年の冬は寒さが厳しくて、南の方へ行く旅行は楽しみでした。博多への高速バスをコンビニでコーヒーを飲みながら待ちました。 
乗客はあまり多くはありませんでした。景色が良く見えて、カメラにはおあつらえ向きの席でした。今朝も寒い予報だったのでどんな景色が見られるか楽しみです。 
すぐに道路の端は雪が白く積もっています。そして、車窓はすぐに曇ってしまいます。

別府の山は白くなっています。そこへ真白の湯けむりが登る明礬温泉の光景が素敵でした。 
由布院や玖珠の辺りが雪が多いです。玖珠の景色です。田んぼも家も真白になっています。 
日田に近づくともう雪はありませんでした。

高速バスは福岡の都市高速へ入りました。昨年はここから飛鳥Uに乗ったな〜と思い出した。 
天神から地下鉄へ、そして、ホテルオークラ福岡に着きました。お部屋はとても広くて快適、床には博多降りの紋様の絨毯が見事でした。 
 お部屋がゆったりとしていて、広くて落ち着きます。早速、紅茶を淹れてソファでくつろぎです。
広いバスルームにパウダールームなど探検です。
 きれいなお花の傍でのティータイムはとっても素敵です。そして、ちょっとウトウトしていたらピンポ〜ンとベルの音、驚いて出てみると、ルームサービスです。とワゴンを押して来られる。
「建一傘寿記念」 と書いた可愛いバースディケーキでした。ろうそくをつけて、記念に写真を写しましょう。と言って下さる。
 ろうそくもちゃんと立てて下さって、記念写真ですが、ウトウトの後のお顔で何だか恥ずかしいです。
ホテルの窓からは、海の向こうに海の中道が見えています。ここは博多の中心地の中州川端です。
夕食の時間になりました。2階の和食堂「山里」へ行きました。お料理は新春のおめでたいお料理をお持ちします、とのこと。次々と珍しいお料理が出てきます。それでいて、いつの間にか、お腹も満足!
お料理も繊細な日本料理で見事ですが、器類も見ているだけでもご馳走!と思える美しい器が次々と出てきます。中は牛肉とかぶの蒸し物。 
お椀が二つ、左はおめでたい鯛お赤飯、金箔まで載せてある・・・・右は赤だしです。 
80才になって(実際はまだ1か月後ですが) まだまだ元気で幸せです。
ここでも、記念に写しましょうと、写真を撮って下さいました。最後のデザート、常用饅頭と、フルーツとおいし緑茶、ありがとうございました。ご馳走様です。 
お食事処を出ると、吹き抜けのロビーがあります。見事な大理石の柱ががっしりと支えています。 
やはりここでも写したくなりました。ロビーの真ん中のお花も気になります。 

 ピンクの百合を中心に、春らしい色の美しい花がたくさん活けてありました。
 
NEXT