昨夜の「熊本・大分支援のTAKARAZUKA OGによる華麗なるステージ」 は、本当に美しかったです。
今日は「サンテラスながとみ」に宝塚OGの数人が慰問に来て下さるというので、写真を写して〜と、久美子さんから声がかかり、私は午後にやってきました。
暖かい太陽の照る日になって良かったです。入口には素敵な彫刻が迎えてくれます。施設のドアを開けると「宝塚歌劇 1月21日午後1:30〜」と案内が立っていました。 
そして、車いすなどがたくさん並んでいます。通所の方々も来られているようです。 
 「サンテラスながとみ」の車も数台停まっていました。
 丸山さんご夫妻、中村扶実さん、野浦久美子さんが昼食を済ませて、施設へ到着です。施設の名前通りにサンサンと太陽が降り注ぐ建物です。
昨日、久留米から来て、大分に泊まっていたたけさん、ひとみちゃんもやってきました。施設の入り口の可愛い少年と一緒に記念写真です。 
ロビーに入ると、熊本から来られたすみえさんが待っておられて、ご挨拶です。すみえさんは、熊本で何とか被害は免れましたが、すぐ近くでも大きな被害に遭われた方がたくさんいらっしゃるとのことで、今も支援活動をされています。今回の宝塚の皆さんの訪問をとても喜ばれていました。 
広いホールを整理して、たくさんの方が車いすなどで待機されています。続きの事務室の前には、たくさんの花束が用意されています。ピンク、紫と、とてもきれいな花束です。 
この施設に入所されている方々、通所で来られている方々、ご近所の皆さん、と、本当に多くの方々が、楽しみに待たれています。 
私はどこに居たら、写真が写せるかな?と、会場を探して、大きな丸い柱の前に貼りつきました。前にも両側にも、後ろにも、たくさんの方々がいらっしゃいます。隣のおじさんは、頂かれた歌詞カードを出して見せて下さる、そして、「私は10年ほど前に、宝塚に行って見ました、今日は遠くから来て下さって本当にうれしいです、」と何度も話して下さった。 
 
準備で少し遅れますのアナウンスもありましたが、ほぼ時間通りに始まりました。
最初は久美子さんの登場です。熊本・大分の地震の支援にと、宝塚OGの皆さんが昨日は、音の泉ホールで公演をして下さいました。今日はここへ来て下さって、皆さんに見て頂けること、とってもうれしいです。 
どうか楽しまれて下さい。それではベット ミドラーの「The Rose」を歌います。聞いて下さい。 
 
私の前には、 久美子さんのお姉さまが座っていらっしゃいます。お姉さまにも歌いながら挨拶をされて、その周りの方々にも、エールを贈られる久美子さんでした。
続いて出て来られたのは、中村扶実さんです。昨年の4月、桜の咲いている時、大分と由布院でコンサートをさせて頂いて、その1週間後にあの地震でした。皆さんは大丈夫でしたか?

今日は、皆さんもご存知の方、あると思います。「アメージンググレイス」を歌います。 
 
皆さんの座られている間の通路を通って、歌われています。知ってる♪という感じで聞かれている人も多かったです。 
今回の熊本・大分復興支援の華麗なるステージを企画、制作、プロジュースされた(株)アレキサンドライトの岡部優妙様です。やはり宝塚では素晴らしい男役として活躍をされていた方です。久美子さんのお姉さまに会いに、サンテラスながとみへ来られて即、ここでボランティア訪問が出来たら〜と、話されたことから今回の素敵な時間が誕生しました。「宝塚歌劇をご覧になったことのある方、良かったら、手を挙げて下さい。あら、たくさんいらっしゃいますね。うれしいです。 
 
今日はその宝塚のOGが4人来て、皆さんに歌や踊りを見て頂きます。本物の宝塚と同じ衣裳、同じお化粧をして見て頂きます。どうか楽しんで下さるとうれしいです。 
  
TAKARAZUKA OGショーが始まりました。真っ白の服を着たスラリ背の高い男役スターさんと、真っ赤な美しいドレスのお二人、本当に華やかです。ホーという声と拍手が興りました。

左から、綺華れいさん、毬穂えりなさん、美苑えりかさん、そして椿火呂花さんです。
先ず最初は、宝塚歌劇で有名な「ベルサイユの薔薇」からの歌と踊りでした。ウン知ってる知ってる、という感じの方々も多かったです。
 皆さんも、タカラジェンヌの動きに合わせてリズムを体で取りながら、楽しまれているようです。
今度は軽快なリズムの曲に合わせての激しい動きの踊りです。ふんわりとしたスカートがくるくると回って、本当に美しい!
私の目の前でクルリとターンをされた、頭の飾りが余りにも可愛くて、アップでヘアファッションをパチリです。
私も宝塚歌劇を見るのは50年ぶり?もっとかしら?兵庫県生まれの私は父や母に連れられて何度か宝塚歌劇を見に行ったことがありますが、それ以来の久しぶりです、余りにも目の前で華麗な踊りを見せて頂いて、うっとりです。
なんて優雅で素敵なんでしょうか、
歌い踊りながら、皆さんの傍へ行かれては、優しく手を取って、握手をされています。
歌声も、歌われる姿も素晴らしいです。写真を撮らなくちゃ、と思いながらも、レンズ越しでは無く、この目に止めたい!と思いました。
車いすの間にも身体を運び、手を伸ばして、皆さんと握手をされます。とても喜ばれている皆さんです。
なんて可愛いのでしょうか?真っ赤なドレスと、羽根の飾りが本当にきれい!
 
ああ、あっと言う間に素敵な時間は終わりが近づきます。優雅なお辞儀を深々と、、、、
最後は、歌詞カードを出して下さいね。ご一緒に宝塚の歌「すみれの花咲く頃」、を歌いましょう。
私も、大好きなこの歌、本当に久しぶりに、思いっ切り大きな声で歌いました。
本当に素晴らしい時間でした。ありがとうございました。
小さな子どもさんたちが、花束を持って出て、4人の方々に差し上げました。
入所者の方も、花束を持って、出て来られました。素敵な時間です。
さよなら、さよなら、ありがとう、ありがとう、と交わしながら、名残はつきませんが、華麗なるショーは終わりました。
ホールから控室へと行く廊下には、両側に、お客様が並んで、大きな拍手を送りました。そして、子どもたちはきれいな宝塚OGのお姉さまたちと記念写真を写して頂きました。この中から、次のタカラジェンヌが生まれるかもしれないですね!
熊本から来られたすみえさんは、是非、この感動を今度、支援に行ったら伝えたいので、写真をご一緒にお願いします、と言われます。
  その声に応えて下さる皆さんです。すみえさんを真ん中に、左は岡部さんです。
椿さんも花束を持って、カメラに納まって下さる。 
昨夜の音の泉ホールでのショーを見て、すっかり宝塚ファンになったたけさんと、ひとみちゃん、今朝は椿さんにプレゼントを持ってきました。一緒に写真を写して頂いて、本当にうれしい!と叫びました。
今日はカメラマンのつもりで出席した私ですが、やっぱりご一緒に写して下さい!と、ツーショットです。私、緊張しました!
綺麗だったね〜今回は本当に来て良かった〜 
また会いましょうね、今度は何があるかしら?また楽しいことで会いましょう、気をつけて、元気でね、と、3人で写して頂いて、お別れしました。余り遅くなると、道路が凍結する心配もあります。くれぐれも気をつけて車を走らせてね。
サンテラスながとみにいらっしゃるお姉さまを真ん中に、椿さんと久美子さんです。今日は本当に楽しい日でしたね。私もご一緒出来て、うれしかったです。ありがとうございました。 
 
すみえさんも、最後に中村扶実さん、丸山昭さんご夫妻と記念写真です。 
 
1月19日から4日間を大分で過ごして下さった皆さんもいよいよお帰りです。どうかまた素敵なショーを大分で見せて下さいね。熊本・大分の皆を元気にして下さって本当にありがとうございました。
Back  End