2017年のおせち料理、
それでも二人とも元気で新しい年を迎えられたのはおめでたいことです。 
あけましておめでとう。今年もどうぞよろしく〜とお互いに挨拶です。おせち料理を食べて、皆さんから頂いた年賀状を読みました。 
とても暖かで穏やかな元旦です。初詣はどこへ?昨年の暮れのニュースで気になっていた豊後二見が浦へ行くことにしました。大分インターから高速に乗って、津久見で降りました。 
少し走るとすぐに標識がありました。上浦方面は右折です。2年前にドイツのクラウスさんと一緒に行ったイルカ島と同じ方向です。
右折するとすぐに真っ青な海です。思わず「きれい!」と大きな声が出ました。
まだかな?まだかな? 豊後二見が浦の絵の書いてある看板が立っていて、すぐに分かりました。 
 二見が浦へ行けるように歩道が整備されています。こちらが豊後二見が浦です。
 殆どのように毎年、暮れには、この二見が浦の岩と岩の間に集落の皆さんで作ったしめ縄を貼り替えるというニュースがテレビに写ります。
初日の出を見る名所として有名ですが、なかなか元旦の朝早くに出かけるのは大変と行ったことがありません。太陽は昇ってしまっていますが、それでも、ここに来れてうれしいです。
 夫は岩の下まで行きました。豆粒ですが、4人が居る中で、一番手前です。岩はゴツゴツで危なかった、傍へ行くとやはり大きくて、立派で良かったよ、とのこと。
太陽は頭の上に昇っています。今は12時54分です。でも、私は満足です。 大分市の初日の出は7時17分だったそうです。
やはり今の時刻でも見に来ておられる方があります。写真を写しましょうか?と写して下さいました。熊本からお魚を食べに来ましたとおっしゃってました。
お礼を言って、豊後二見が浦を後にしました。初日の出はこんな風に見えるそうです。フリー写真からコン太さんの写真をお借りしました。何時のものかはわかりません。写真にマウスを当てて見て下さい。 
豊後二見が浦はこんな船溜まりのある浜でした。
車で走りながら海を見ていて、ちょっと気になる漁港がありました。帰路、寄ってみました。
大漁旗を掲げて、操縦席の前には松飾もしてある漁船が停泊していました。明日は初漁に出かけるのでしょうか? 
 道路を隔てた崖の上にお宮さんがありました。今年の初詣はこの神社にしましょう。
とてもきれいにしてあるお宮さんでした。今年が穏やかな良い年になりますように、とお参りをしました。 
初詣が出来て落ち着きました。また車に乗って、帰ります。 
津久見は石灰石の山があること、良港があることでセメント工業が発達しています。中央のゴツゴツした山は、石灰石採掘をしている山です。またそのことから「セメント町」というのもあるそうです。

元旦のミニドライブ、楽しかったです。今年も一年元気で過ごしたいと思います。よろしくお願いします。