2015年4月12−16日:韓国旅行五日目(最終日)
4月16日:ソウル散策、帰国 
韓国最後のホテルはロッテホテルソウルでした。ソウルの中心市庁舎と明洞(ミョンドン)に近い立地の良さと格式の高いことで愛されているホテルです。
中は広くて迷子になりそうです。私たちは隣り合った二部屋、中のドアを開けてもらって、行き来できるようにしてもらったので、とっても便利でした。
8階の部屋からの眺めですが生憎のお天気です。
4人で食べる最後の食事、広いレストランでバイキング、楽しく頂きました。
やはり、韓和洋中華様々に揃っていて、迷ってしまいます。卵料理はコックさんが受けて作ってくれますが、トッピングだけでも豊富、目移りするとはこのことでしょう。 
広くて明るいカウンターにはゆったりと、食べ物が並んでいます。今回はどこもホテルが良かったので、本当に気持ち良く過ごすことが出来ました。 
荷物の整理をして、いよいよお別れの準備です。チェックアウトをして荷物をホテルに預けて、明洞、南大門市場など、散策、買い物です。

ソウルタワーがビルの谷間から見えました。 
斬新というか、大胆というか、何だか不安定というか、面白いビルをあちこちで見かけた韓国でしたが、この二つに裂けたようなビルも面白いですね。 
今、トレンドな渋い赤をアクセントにしたビル、ファッション関係のビルのようでした。

家族に、お友達に、職場に と、お土産をあちこちで物色、市場はお値段交渉も楽しいものです。また一つ、大きな荷物が増えたようです。
ロッテホテルの前で、東京組と大分組に別れて空港へ行きます。とっても楽しい5日間でした。お世話になりました。またこんな機会があるといいですね。

私たちはリムジンバスで仁川空港へ行きました。空港のロビーでは、弦楽四重奏のロビーコンサートをしていました。 
 韓国最後の食事はキムチとたくわんにラーメンでした。何だかおかしいですが、今までたくさんおいしいお料理を食べてきたし、何しろ、時間が無いので、しかたありません。
福岡行きのゲートを求めて、小走りに歩きます。大きな広い仁川空港ですから大変でした。 
 夕方、6時半ごろ、福岡空港に着きました。ここでは博多山笠が出迎えてくれました。空港の前から高速バスで別府まで帰り、お友達の家に置いてもらっていた車に乗って、家に帰りました。

とても楽しい疲れも感じない旅行でした。ご一緒して下さったお友達、ありがとうございました。
終わり
もどる