2015年4月12−16日:韓国旅行三日目
4月14日:一山(イルサン)そして光州へ
Wホテルの朝食二日目です。楽しみにおいしく頂きました。 
友だちがおいしいと言ってたパンを食べました。毎朝家でも食べているヨーグルトも、5~6種ありましたが、やはりいつものプレーンなものに、ソースをかけて頂きました。 
今日は雨模様です。お隣のシェラトンホテルのアストンハウスの見学が出来るということで車を回して下さる。
立派な建物です。 
 お庭の植え込みには、大好きなムスカリが一杯いっぱい咲いていました。
本当に大きなホールを持った建物です。 
このお部屋のトレードマークのような丸い鏡。今は何も飾り気が無いですが、お花をあちこちに飾ると素敵なお部屋になりますね。今は花台のみですけど。
帰りは下り坂なので、歩いて降りることにしました。桜がたくさん咲いていて、本当にきれいな道路です。小雨の中、ジョギングの人も居ました。 
雨で空が青くないのが残念な、桜の並木です。でも、雨がそれほどひどくなくて、良かったと思います。
今日はソウルのベッドタウン一山(イルサン)へ行きます。車内ではドライバーのオーさんがこれ韓国では評判いいですよ、と「玉ねぎのリング揚げ」の袋を下さったので、皆でボリボリ食べながら乗ってました。
細いビルが何本も建っています。地震の無い国だからでしょうか?しかしどうもこの細いマンションは気になります。ソウルのベッドタウンにもなっている新しい町です。
イルサンは広い場所が確保できるということで幾つかテレビ会社もあるそうです。ここはSBSプロダクションセンターです。細長い新幹線のような建物はスタジオが入っているそうです。

 SBSプロダクションセンターの近くにある、お店で昼食を食べます。紫木蓮がとてもきれいに咲いていました。
牛肉の専門店とか、焼肉も、スープも本当においしかったです。
キムチもおいしく食べられて、お肉は焼ける傍からチョキチョキとお皿の上に切ってくれて、サンチェやチシャ包んで、おいしく食べました。
傍には、立派な託児室がありました。可愛い色合いのおもちゃがたくさんあって、大人は安心して食べられるようです。
一階は椅子席、女将さんが、日本語がとても上手で、日本へ時々遊びに行くそうです。由布院はまだ行ったことが無くて一度行って見たい所だと、話してました。
焼肉のコンロの上から下がっている換気口のお蔭で、今は気持良く食べられるようになりましたね。昔は、油煙が洋服に付くとか、エプロンをかけたりしてました。今は本当にそんな心配なしに食べることが出来ます。
デザートのコーヒーは、「Caffe bene」に来ました。大通りの角地にあります。
ここもドラマにはよく出てくるお店とか、棚には、サインカップがたくさん置いてありました。
日本ではあまり喫茶店に入ることも無いのですが、今回はお友達其々が行ってみたいという喫茶店に、ガイドさんのおかげで行くことが出来ました。
カフェラテ、パイナップルののった冷たい飲み物、アメリカンコーヒーなどなど、いろんな飲み物を其々に楽しみました。友達4人とガイドさんの分です。
イルサンは、テレビ会社があちこちに大きなビルを構えていて、街中、いろんな所で撮影がされているとか、大きくてユニークなビルがたくさんあります。見ているだけで楽しいですが、生憎の土砂降りになっています。 
上は壁面がとてもきれいな「Crystal Tower」と呼ばれているSBSのビル、左はその向かいにあった、卵型のビル、もう少し見たかったのですが、何しろ雨がひどい。

今夜は明日のために、光州(カンジュ)まで移動です。ソウルへの帰りの道路でラッシュに会いそうで早目に帰ることになりました。 
イルサンは一番近い所で30キロほど北上するともう北との境界線があるそうです。漢江につながる臨津江(イムジン川)添いには監視塔もあり、えんえんと塀が続いているのを見ながら走る場所もありました。 
韓国の新幹線KTXの出発駅、龍山(ヨンサン)駅に行き、スーパーで今夜のご馳走を買いました、ガイドさんと合流し、私たちは1等車でゆったりと、キンパプやトック、焼肉などをおしゃべりしながら食べました。2時間40分で光州松汀駅に着きました。夜の10時を過ぎています。
駅前に迎えの車が来ていて、すぐにホテルへ入りました。夕食はKTXの中で食べたので、お風呂に入って寝るだけです。「ラマダプラザ光州ホテル」という立派なホテルでした。
浴室も広くて大理石でとても素晴らしい造りです。欧米規格というのか全てが大きくて背が高いです。

窓からの夜景です。まだまだ車がたくさん通ります。賑わっている街の中のホテルみたいです。 明日の天気の良いことを祈りながら、眠りました。
  もどる
つづく