2010年9月20日:酒蔵の音雫 cast-off skin
面白いコンサートに誘われました。「酒蔵の音雫 cast-off skin」です。

場所は大分市戸次の帆足本家富春館・酒造蔵、竹の作品展と、ピアノのコラボです。

大きな竹の造形が、酒蔵の天井から吊るされています。
奥の土間で深田宏一さんが、キーボードで演奏です。
L字型の広い広い酒蔵でコンサートです。周りに椅子をおいて、大勢が聞いています。広い酒蔵に、美しい音楽が流れます。
里の秋、赤とんぼ、など秋の雰囲気の歌が素敵です。
その足元にも小さな竹の造形がぶら下がっています。
ピアノの音で、少し廻ったような気がしました。
ピアニストの深田さん(右)と、造形作家の伊藤昭博さんです。
可愛い竹の造形の前で、深田さんと写真を写しました。
大きな竹の造形の中に入ってみました。何だか童心にかえって、くるくると一緒に廻ってみたくなります。
この帆足本家は、とても立派な建物が幾つもあって、お庭も整えられている素晴らしい所です。蔵造りの建物は、Cafeになっています。
大きな門です。もっと明るい時間に訪れて、あちこち見てみたいです。今日はもう暗くなりました。残念です。
蔵作りの喫茶では、今から、オープニングパーティが開かれます。演奏会を聞いた方々が大勢参加しました。酒樽のふたを使った大テーブルには、たくさんのご馳走が並びました。
かわいいおにぎり、ピッツア、お煮しめ、玉子焼き、ケーキ、ごぼうのきんぴら、おいしかったです。ここ戸次は、ごぼうの産地です。後からもっともっと色々並びました。
ピアニストの深田さんも、演奏を終えて、友達と寛がれています。
ハイ、お疲れさまでした。今日から竹造形の展示、またコンサートもします、応援してください。乾杯!
左から造形作家の伊藤昭博さん、十三夜の森進一郎さん、ピアニストの深田宏一さん、
楽しいおしゃべり&お食事タイムでした。
最後に、帆足本家のご主人がご紹介されました。

また来て見たい所だと思いました。今日はありがとうございました。
帆足本家酒造蔵 イベント
cast−off skin 「酒蔵の音雫」
2010.9.20〜10.11休館日:月曜 祝日の場合は翌日
am 10:00〜pm 5:00

伊藤昭博 cas-off skin 「酒蔵の音雫」

主催:戸次本町街づくり推進協議会
後援:大分合同新聞社、NHK大分放送局、OBS大分放送
    TOSテレビ大分、OAB大分朝日放送
協力:十三夜
深田宏一 ライブセッション

 9:20(祝) pm5:00〜
10. 2(土) pm3;00〜
10:11(祝) pm3:00〜

どうぞ、ご自由にお出かけ下さい。