English
2004年4月13〜14日:ドイツからのクラウスさん達と一緒に
13日:夜の博多中州を楽しむ
九州旅行の帰途、ドイツのクラウスさんと佳英子さんが博多に来られました。今から8年前、我が家のホームページがきっかけでメールを下さったクラウスさんには佳英子さん共々、ドイツ旅行では大変お世話になりました。
昨年の秋には、大分別府旅行に来られて、一緒に楽しみました。今回も、一緒にホテルに泊まって夜の博多を楽しみました。
先ず、夕食は軽く握りとテンプラと焼き鳥。

「酢生姜の作り方を教えてください」というのがクラウスさんから頂いた最初のメールだったと言うほどのご飯好きのクラウスさんです。
久しぶりの再会に話も弾んだ食事の後は、中州の散策です。北ドイツの海に面した静かな町に住むクラウスさんは赤や青のネオンが珍しいと熱心にカメラを向けています。
屋台の体験をしたいので、あっちこっち覗いて見て回ります。
元気な声に釣られて屋台に座りました。
博多ラーメンです、ご飯大好きなクラウスさんは、初めはどうしようかな、という感じでしたが最後は「おいしかった!ごちそうさま」でした。
また、中州の散策です、思いがけず、桜もたくさんまだ咲いていて、夜目にも白く美しかった。(写真をクリックして下さい大きな写真が出ます)
スツリーと・ミュージシャンの奏でる音楽が楽しくて、暫く聞きほれました。(写真をクリックして下さい大きな写真が出ます)

いつの間にか、夜も更けてきたので、ホテルに入りました。
Next