English
2004年10月16日〜  :イギリスからAndrewさんがホムスティに
10月16日:イギリスからAndrewさんがホムスティにやってきました。日本語の上手な穏やかな青年です。
日本は初めてとか、日本の最初に大分の我が家を選んでくれてうれしいです。
10月17日:日本語を話したい、日本の文化に触れたい、というアンドリューさんです。今日は早速、我が家の障子張りの体験です。
障子紙を剥がしてから、新しい紙を貼ります。最初はジッと見ています。
そして、次からは糊をつけたり、紙を貼ったり、一緒に働きました。
さあ、真っ白に貼りあがった障子を窓に納めます。
お疲れ様でした。ティータイムはテラスでおしゃべりをしながら楽しみました。
住宅地の見学です、ちょっと散歩に出かけましょう。
見晴らしの良い場所にきました。コスモスが美しく咲いていて、記念写真です。
夕方は買い物の帰りに、お友達の野浦さんの家に寄りました。アンドリューさんは野浦さんの紹介で我が家にやってきました。
10月18日:夜は私達がゆふいん音楽祭秋のコンサートの打ち合わせがあるので、一緒に湯布院へ行きました。
10月19日:日本語を上手に話すことの出来るアンドリューさんは語学にとても興味があり、インターネットのwebで、ひらかなうを書く勉強を始めました。
日本語は同音異語がたくさんあります、そういう言葉の区別も、納得できるまで私達に色々質問をして覚えていきます。本当に語学に対するセンスの良さにはびっくりします。
10月20日:台風23号が鹿児島から四国へと駆け抜けました。そのために大分では激しい雨と風の一日でした。台風は初めてというアンドリューさんは驚いていました。
10月21日:台風一過の大分は素晴らしいお天気になりました。今日は、アンドリューさんとドライブにでました。
まずは別府の明礬温泉の見学です。湯の花小屋を見学、たくさんの観光客は韓国から、ハングルが飛び交っていました。
温泉の蒸気を浴びて、びっくりしています。
次にやってきたのは、国東半島、仏の里です。熊野の仁王さまの側に立って、記念写真。
一夜のうちに鬼が築いたという石段を登って、熊野磨崖仏におまいりです。
こちらは真木の大堂、石の遺跡の多いイギリスから来たアンドリューさんは国東塔に興味を。
少し遅い昼食は、大分名物の椎茸ご飯に団子汁、コンニャクの刺身にしいたけの佃煮、煮物、ととってもヘルシーでびっくりしていました。
冨貴寺大堂の佇まいをとても気に入っていました。そして内部の阿弥陀如来像、壁画など興味深く見てまわりました。
宇佐神宮にきました。朱の鳥居、橋など、緑の中でとても美しい日本の風景だと思いました。
紅葉も少し赤くなりかけていました。

来年の大祭に向けての大改修工事のため、少し落ち着きませんでしたが、
宇佐神宮はやはり立派です。歴史に興味のあるアンドリューさんも喜んでくれました。
10月22日:アンドリューさんと一緒に我が家で夕食を食べるのは今日が最後になりました。「寂しいですね」と言ってくれた優しいアンドリューさんです。
我が家での最後の夕食の前に、3人で記念写真を写しました。
明日は、湯布院へ一緒に行きます。
10月23日:今日も良い天気です、

今日はゆふいん音楽祭秋のコンサートの当日で、湯布院に行きますが、その前に、「大分市歴史資料館」にやってきました。
我が家のすぐ近くに奈良時代の歴史ある豊後国分寺があったことに驚いているアンドリューさんでした。
湯布院にきました。南由布の駅で由布岳をカメラに収めました。
夫は演奏家のお迎えに行きました。私達は湯布院散策に出かけました。紅葉が始まっています。
天井桟敷でゆっくりと休みました。静かに流れるグレゴリオ聖歌、大きな黒い梁の建物、窓からの景色、とても落ち着くと喜んでくれたアンドリューさんです。
その後、コンサートの会場準備に空想の森アルテジオに行きました。そして、椅子運びなど会場準備を手伝いました。
演奏会には、お友達が来て下さった。今夜は一緒に湯布院泊まりです。
10月24日:湯布院のお宿の玄関には菊とリンドウが生けてありました。
温泉に入り、ゆっくりと朝食です。NPO・ABC野外教育センターの小笠原さんと野浦さん、薫さん、アンドリューさんです。
その後、お部屋で野浦さんの入れて下さったおいしい紅茶とアンドリューさんのイギリスみやげのビスケットを楽しみました。
さざんかの美しく咲く湯布院です。
道端の蹲から出る温泉が珍しいアンドリューさん。
玉の湯の溝口さんに歓待を受け、暖炉の前でお茶を頂きました。
薫さんの和服がとっても似合う、玉の湯のお部屋です。
今度は亀の井別荘にやってきました。ほんのりと紅葉をした庭木がとっても美しい。

太郎さん、真帆さんが出迎えて下さって、皆で記念写真。
その後、ドライブに出ました。久しぶりにお天気の良い日曜日はたくさんの人で賑わっていました。

硫黄岳の噴煙が珍しいとたくさん写真を写します。
長者原を散歩しました。私達もここまで来たのは、本当に久しぶりでした。ススキが風になびき、山は紅葉が始まり、とても美しい景色でした。
アンドリューさんも九州は美しいです、と喜んでくれました。そして、この後、次のホームスティの家族に会うアンドリューさんと別れました。
どうぞ元気で良い旅を続けて下さい、そして今度はイギリスで会いたいね、と別れました。 終わり