2004年5月10日:爽やかな湯布院でガーデンパーティー
『太郎さんの結婚披露のパーティーが開かれます』とのご案内を頂いて楽しみにしていた私たち、とうとうその佳き日がやってきました。
ガーデんパーティーの案内板を作った恵太さん、先日は「ゆふいん音楽祭」の看板を作りました。何かを作るってとっても楽しい!とうれしそう。
神山さんもお祝いに駆けつけています。さあ、今日はどんな事を見せてくれるでしょうか。楽しみです。
会場は「クアージュゆふいん」のお庭とホールです。
ホールの中ではゆふいん料理研究会の皆さんがご馳走作りに大忙しです。
私たちは早速、食前の飲み物を頂きながら、おしゃべりです。今年、第30回目を迎えるゆふいん音楽祭から総合アドバイザーに就任して下さった世界的なチェンバロ奏者・小林道夫先生ご夫妻と、ことこと屋の美佐子さん。
中庭のテーブルには美しいバラが飾られています。
次々と親しいお友達に会えるうれしいパーティーです。ゆふいん音楽祭の実行委員の佐藤さんと永野Ken。
NPO観光コアラの渡辺さんと門脇さんも会員である太郎さんの結婚を祝って出席、私たちも会員です。
今日の司会は劇団立見席の岩男さんと劇団員の方です。いよいよ「太郎くんと真帆さんを祝う会」が始まります。
まず、ホールでは、太郎さん、真帆さんの子どもの頃の写真から結婚式の様子までが写されました。
そしていよいよお二人の登場です。
緑の美しい中庭にお二人が出られて、鏡割り、カメラを構える人の多い事。とてもお似合いのお二人です。
さあ、たくさんのお料理が並んでいます。次々と頂きながら、写真を写しました。
炭火焼の牛肉、地鶏、しいたけコーナーです。
目の前で出来上がった鰻巻きと鯛サラダ、奥は野菜の煮合わせ、
ずらりと並んだ寿し、鮪、烏賊、鰤、
大きな鉄板でおいしそうに焼けているのは春キャベツのナンプラ−焼き
香りの良い山菜の数々の天ぷら、ほのかな塩味で食べるととってもおいしい。
その他、数え切れないほどのお料理の数々、どれも湯布院近郊の山の幸、里の幸、川の幸に海の幸、です。
見事なお祝いが届きました。博多のホテルオークラから届いたケーキです。お二人でケーキカット!
側ではぺッタンペッタンとお餅付きもありました。
お二人を囲んでお友達も楽しそうです。
集まった皆さんも楽しそう、こちらは、由布院観光協会の溝口さんとコアラの尾野社長
私もうれしくて楽しいです。お友達のパデントンルームの野浦さんと高橋さん。今、大ブレーク中の韓国ドラマ「冬のソナタ」で盛り上がりました。
ステージでは神山さんのパントマイムが始まりました。いつも、滑稽でそして何故かペーソス溢れるパントマイムです。
今度は湯布院の皆さんが集まって、盆踊りが始まりました。おめでたい歌詞を入れて歌うのは、近藤県議に、お父さんの中谷さん、
今日の主役のお二人も、踊りの輪に入ります。
さあ、いよいよ今日の出席者全員からお二人へプレゼント贈呈です。プレゼンテーターは可愛いかわいいお二人でした。
会も終盤になりました。お二人からお父様、お母様に花束贈呈。
そして、お父様の中谷健太郎氏からご挨拶、続いて太郎さんが、由布院で二人の新しい生活を始める決意を話されました。聞く人皆が感動した素晴らしいご挨拶でした。
それではお二人を皆で見送りましょう、長い長いトンネルを作りました。
トンネルの先には、素敵なオープンカーが待っていました。皆さんのバンザイに見送られて、お二人は会場を去りました。

湯布院の町の方々、また湯布院大好きな方々、多くの皆さんがお二人から幸せを分けて頂いた一日でした。
爽やかなお二人がまぶしかったのか、今日は由布岳がとうとう姿を見せませんでした。

今日の素敵なパーティーの世話人のお一人だった桑野さんを囲んでNPO観光コアラの皆さんと最後に記念写真です。左から門脇さん、桑野さん、尾野さん、渡辺さん、Mie撮影は永野Ken