English
2003年3月21日:ミレック・ポピュラーアコ−ディオンの午後 in Kobe
苦楽園エクセルの3階にあるスタジオ「New York」です。
扉を開けると、素晴らしい女性が迎えてくれました。
ダンススタジオですが、今日はここでミレックポ・ピュラーアコ−ディオンの演奏会があります。
私たちのドイツ旅行でお世話になった佳英子さんが、プロジュース。
ポーランド人のミレック ティボラさん。
佳英子さんは彼のことを息子みたいなんですよ、と紹介してくれました。
ドイツでクラシックアコーディオンを学んでいるミレックさんの演奏は、バッハの「トッカータとフーガ」「モーツアルトの「トルコ行進曲」などがやはり素晴らしかったです。
タンゴも今回のために練習をしてきたそうです。「ジェラシー」の曲に合わせてこのダンススタジオの皆さんが踊られています。
佳英子さんの友達、スタジオの友達などを中心にたくさんの方が楽しみました。
花束贈呈、
表現豊かな演奏でした。彼はドイツでは、福祉施設などの慰問演奏をよくしているそうです。
私たちも挨拶をして彼のCDを購入、サインをしてもらっています。
演奏会終了後はスタジオのサロンで早速、先ほどの演奏のビデオが映し出されました。
阪神大震災でも、大丈夫だったという見事なシャンデリアが下がる、素敵なサロンです。
私たちは佳英子さんと再会を喜びました。そして、またドイツで会いたいな、と話しました。(写真をクリックして下さい、大きくなります)
年に2回ほど帰国するという佳英子さんです。今度はミレックさんも一緒に九州まで来て下さい、
今回は、佳英子さんに会えるミレック演奏会に出席するために、龍野へ帰りました。
龍野は、お花見の準備でぼんぼりが立ちましたが、桜のつぼみはまだ固い様子。
お墓参りをしたり、「ガレリア ARTS&TEA 」へ行ったり、楽しい時間を過ごし演奏会のあと、フェリーに乗って大分に帰りました。