English

2000年4月12日、アデレードヒルへバス旅行、  by Mie
アデレードのバスターミナルから観光バスに乗ってアデレードヒルへの旅行に出かけました。この旅行は私たちの希望を聞いてマイクさんご夫妻が手配をして下さいました。

先ず最初の観光スポットはジャム工場です。
美しく展示されたショールームの向こうから甘酸っぱいおいしそうな香りが漂ってきます。大きな鍋でチャツネを煮ていました。
次にやってきたのは、ハーンドルフというドイツ村です。

そしてここのお店では、ハイテイ−を頂きました。さすがオーストラリアの観光バス旅行だと感心した次第です。
ジャムやかわいい飾り物を売るお店でしたが、マフインと紅茶を頂きました。相席になったご夫婦が「このマフインはとてもおいしく焼けていますよ」と言われ、温かな出来立てのマフインに、いろいろなジャムをつけて食べました。

   
この町はドイツからの移民の方が住んでいる町でドイツ風の街並みになっているそうです。通りの並木が紅葉をしてとても美しく両側にはレストラン、おみやげを売る店がずらっと並んでいて見て歩くだけでも楽しい町です。
今夜は私たちはそんな美しいハーンドルフの町のホテルに泊まります。大きなベッドが3つもある広い広い部屋でした。

しかし、バスで一緒だった人たちはそれぞれ好きなホテルへと散っていきそんな旅行スタイルがおもしろいと思いました。
夕食はホテルの広いレストランでたくさんの人と賑やかに食べました。ワインはもちろんレストランお薦めのバロッサバレーの白ワインです。

一夜明けて、夜半の雨も上がり素晴らしい天気です。ホテルの広場の真中に黄金色に輝やく大きな木がありました。その下には昔、開拓のために使ったものでしょう、古い荷馬車が置いてありました。
町外れまで散歩をしました。かわいい羊が牧場にたくさんいました
また、かわいい天使の像ばかりを作って売っているお店を見つけました。小さな天使を一つ記念に買いました。

こちらは昔、教会だった建物ですが、今はギャラリーになっています、昔の人が使っていた道具や、記念の写真がたくさん展示してありました。
本当に美しい並木です。秋だなと実感出来ました。
約束の時間に遅れること30分、やっと観光バスが私たちを迎えに来てくれました。すべてにのんびりとしています。

そしてやってきたのはチョコレート工場です。

イースターを控えて、チョコレートの卵とうさぎがいっぱい並んでいました。奥では、アマ−−イ香りを出しながらチョコレートがたくさん出来上がっていました。  (この項、続く)