English

2000年4月6日、メルボルンーのホテル「パーク・ハイヤット」に入る、  by Mie  
メルボルン5日間の宿は、「パーク・ハイヤット」です。緑がいっぱいの公園の中のような所に建っている真っ白なホテルでした。

インターネットで予約をして、地図で場所を確認しようと思ってもどこにも載っていなくてちょっと心配をしていましたが、昨年の5月に開業をしたという大変新しいホテルでした。
シドニーのホテルとは打って変わって、キラキラとちょっとまぶしい感じのホテルです。
吹き抜けのロビーの貝のように光る白い天井、ブラウンと白を基調にした造り、至る所に置かれている、ムラノグラスの工芸品がとてもきれいでした。
  
18階の部屋に案内されました。真っ白な大理石とガラスの洗面台が特徴のお洒落なバスルームです。室内も明るく広くとても快適です。
   
開業1年たっていないホテルだけのことはあって、コンセントも充実しています。早速パソコンコーナーを作りました。しかし、どういう訳か、インターネットに繋がらなくなってしまいとても残念でしたが、この素敵なコーナーでホームページ作りに励みました。
トランクの荷物の整理も出来たので、またホテルの探検に出ました。吹き抜けのロビーから地階に降りる階段が素敵です。
     
ホテルの隣はゴシック建築の素晴らしいセント・パトリックカテドラルがあります。その角を曲がると今度は少し葉の黄色くなりかけたプラタナスの美しい並木とビルがマッチして素敵な雰囲気です。しかし、私は寒くて寒くて我慢が出来ません。
   
念のためにと持ってきていたコートをトランクから引っ張り出してやっと落ち着いて外を歩くことが出来ました。秋に入ったメルボルンの夕暮れは早く、すでに街はライトアップで美しく輝いていました。
お洒落な店に入ってワインとイタリアンで夕食をとりました。

帰り道、ライトアップされた旧大蔵省のビルがとてもきれいでした。このビルはメルボルンの数ある玄武岩の建造物の中で最も優美な建物と言われているそうです。そして街灯もとても美しいです。

こうしてメルボルンの初日は暮れました。