English

2000年4月2日、植物園を散歩する   by Mie
オペラハウスから入り江沿いに歩いていくと植物園に入ります。ここは昔は王立の素晴らしいガーデンパレスがあったところですが、建物は火事で焼けてしまい、植物園だけが整備されています。熱帯を思わせるおもしろい木があちこちにあります。
大きな木の根っこが地表に出てきています。
木の枝から根が生えて、地表に垂れ下がる珍しい木です。
見たこともない珍しい鳥もあっちこっちで見かけます。傍へ行っても驚かず、草をつついています。
こちらはハーブガーデンです。近寄るだけで良い香りがします。いろいろな種類のハーブが見事に育っています。所々にベンチが配してあって、そこに座っているとアロマテレピーの作用で気持ちよくなります。
木の枝の先に袋のよう見えるのは、灰色頭こうもりです。キーキーと甲高い泣き声を立ててたくさんたくさん飛んでいたり、枝の先にぶら下がっていたりで本当にびっくりしました。
  
こちら珍しいオウムです。真っ白い体に黄色いくちばしをしています。女の子の肩に止まって遊んでいます。彼女も日本からの旅行客、すぐに肩にオウムが止まるようになったと喜んで遊んでいました。私も真似をしましたが、肩には止まってくれませんでした。でも、手からえさをついばんで本当に人懐っこいオウムでした。
こちらが植物園の入り口のあたりです。ここにパレスがあったそうです。シドニー最初の農場だった所が植物園になっています。
広い広い敷地の中は、たくさんの人が植物の世話をしています。そしてあちらこちらにこうしてごみを捨てる場所が整備されていますので、本当にチリ一つ落ちていない美しさです。

そして無料で市民に開放されている、なんて素晴らしいんだろうと思います。
入り江の向こうのオペラハウスとハーバーブリッジをバックに記念写真です。
植物園の敷地図です。左の突端がオペラハウス、そして緑の敷地が植物園です。

この地図でいうと、左下の写真のあたりが私たちのいるホテルにあたります。