English


2000年7月19日:生活展の設営をする by Mie
この2ヶ月間、大分友の家で皆で熱心に準備を重ねてきた「子どもの育つ家庭の生活展」もいよいよ明日、開幕となりました。

今日は、午前中は友の家で最後の準備、そして、午後は会場へ向かいます。

後藤さんが最後の表の手直しをしています。丹生さんと一緒にたくさん墨で表を書きました。
 
表のリストに従って、最終点検をしていよいよ荷造りです。九州部から送ってきたパネルも梱包をして車に積み込むばかりになりました。
昼食の後、いよいよ手分けして車に荷物を積み込み、私達も分乗して会場に向かいます。
大分友の家の前に繁っているハーブで会場を飾ろうと、荒木さんがアップルミントを刈り取っています。小野さんが持ってきた籠に盛り入れて運ぶことになりました。丁度白い花が咲いて、香りもよくてとても素適です。
生活展の会場は大分駅前のレインボービルの7階ホールです。管理人の江藤氏が照明や冷房のことを丁寧に説明してくださいました。

このガランとしたホールで今から設営です。
NTTからISDNの回線を引くための工事の方がもう見えました。廊下と、ホール内の柱から線をつなぐことが出来て簡単に工事は終わりました。
  まず、机とパネル板を出してきます。
 
そして持ち込んだ表を順に貼っていきます。内容の区切りと、パネル板や壁との関係が難しくて何度かやり直しもしました。
今日の午前中に完成したばかりの「生活展のしおり」や、アンケート用紙、友の会の説明用紙など、受付でお渡しする資料の準備をする受付係の荒巻さん(左)と実務リーダーの高橋さんです。
会場内では、生活展に関係するものを皆さんにお分けします。その販売コーナーの準備をする塩月さん(左)原田さん。
ホールの隅で、子どもコーナーのリーダーの阿南さん(左)と大分友の会総リーダーの的場さんが何やら大きな段ボール紙で工作を始めました。
これは、子どもさんたちに、いろいろ生活のアンケートのシール貼りをしてもらう、ボードになります。出来上がりが楽しみです。
実務リーダーの高橋さんの「休憩しましょう」の声に皆が集まってきました。そして冷たい飲み物を飲んで一息つきました。
 
そこへ(株)COARAの是永さんがパソコンを持って来て下さいました。この度はご好意で、パソコンを設置して下さいます。たくさんの方にインターネットで大分友の会や全国友の会のホームページを見て頂きたいと思います。
午後5時過ぎ、どうやら設営が無事に終わりました。

明日、明後日の生活展、どうかたくさんの方に来て頂きたいなと思います。

 

back Mie Home 大分友の会のページ next