うめ組 (1歳児)

 うめ組  江藤 千尋

 先月は台風18号の被害で、水道の水が飲めることの有難さを痛感しました。
園では毎日、園長先生が臼杵の保育園に水をもらいに行き、その水で給食の先生たちが不便な中、調理してくれたおかげで、毎日給食を提供できました。
 「子どもたちや、困っている保護者のために」という気持ちからですよね。保育士も頭が下がる思いでした。
 まだまだ片づけ等で日々大変な思いをしている方がたくさんいます。一日も早く、落ち着いた日々が戻ってきますように。

 うめ組では九月から、保育士も一緒に給食を食べています。
最初はどうしても食事の介助が必要なので、子どもたちがお昼寝をしている間に食べていたのですが、だいぶ自分で上手に食べられるようになったので、「一緒に食べてみよう!」となりました。
 私たちの給食にみんな興味津々な様子で、覗き込んできたり、「これ、せんせーの。」とお友だちに言ったりしています。
 お箸を置いて席を立ち、戻ってくると…誰かが持っていたりとか。(笑)「きのこ、たーべよ!」と保育士がお汁からしめじをとると、みんなが真似して自分のお皿を覗いて「き、き、きのこやな〜」と笑ったりして、楽しい給食時間です! 同じものを一緒に食べる って、大事なことだなぁとしみじみ感じた一ヶ月でした。

 今月は参観日がありますね。
うめ組の参観の一番のお楽しみは、やっぱりモニター参観ですね。
 生中継で、お部屋の様子をご覧になって頂きます。おあつまりの時間ってどんなことをするのかな?お友だちや先生と、どんなふうに関わっているのかな? とわくわくしながら、お待ちくださいね!いつもはにぎやかで愉快なうめ組の先生たちも…その日は、緊張で大人しいかもしれません。
 その後の活動も、お子さんと一緒に楽しく過ごせるよう、計画していますので、よろしくお願いします♪