平成28年6月 園便りより



 きく組が作った色とりどりの風車。 紙を切ったり細い針金や抵抗を減らすビーズなどいろんな
材料を使うのでなかなか難しいと思ったのですが…。  とっても出来映えが良くよく回りました。

   

 雨の季節六月。 湿度も温度も高くて食中毒に気を付けねばなりません。
 ニュースで報道されることが少ないので意外ですが、家庭での食中毒は大変多く注意が必要です。
 冷蔵庫を活用するのはもちろんですがあまり冷蔵庫を過信せず家庭での食中毒防止に心がけて下さい。
 保育園でも日常の衛生管理を再確認し安全で美味しい食事を提供致します。  長雨・蒸し暑いなど日本での梅雨を嫌がる人も多いのですが、釣りが好きな私にとっては海水温も上がって楽しみな季節です。 イサキやイカ釣りを今年も楽しみたいと思っています。

 さて、先月はさくら すみれ きく組の個別面談を行いました。 三歳未満のクラスでは日々の生活を担任やクラスの保育士とお話しする機会も多いのですが、生活の中で自立する部分が増えてくる三歳以上ではじっくりお話しする機会が多くありません。
 この面談で園でのお子さんの様子と家庭での様子を伝え合いより深くお子さんを知ることが出来たと感じています。この面談を保育と学習に役立てさらに有意義なものにしていきたいと思います。

 保育園では食べる速度も遅くなく何でも食べている子も、家庭では絶対食べない食材があるという食事の話しや排泄や睡眠など生活の話し、園での友人や担任との関係と学習面の話しは、保育教諭と保護者双方に興味有ることだったと思います。
 個別面談の場だけでなく、お子さんの生活や保護者の就労状態の変化など気になることがあれば遠慮なく園にご相談下さい。

 まだ私も子育て中! 子どものいる生活はとても楽しいものですが気苦労も沢山ですね。
 京都の美術大学に春から通っている娘は毎日がとても楽しいと言っていますが、高校一年の時に突然学校に行きたくなくなって…
 中学時代とても真面目で私に似てなく先生受けが良かったのですから、中学の先生方も驚いたようでした。 私も随分悩みましたが、大分市の県立爽風館高校に転校し学校の雰囲気がすっかり変わったため一学年下がりましたが楽しく通えたようです。

 現在高校三年の息子は大分で下宿生活をしています。 これもいろいろと心配かける奴で、先日は宿題を仕上げていないので学校に行けないって。う〜ん私など宿題をして行った記憶がないのですが、「やってませーん」と言える面の皮の厚さがなくて心配しています。
そして三番目の娘は中学三年。気分の波が激しくて扱いに苦労しています。

 でもまぁ、いろんな悩みと心配事を親に与えながら成長するのが子どもなのでしょう。 私も数多くの心配を両親にかけてこの年になりました。
 いろいろやらかして叱られた時は、大したことないって思っていました。 しかし、その時々の両親の気持ちを考えると今になって あぁ親に心配かけていたなぁと反省しています。
 食欲も沸かないほど心配しても、「時間くすり」とはよく言ったもので、何年か経つと良い思い出や笑い話になる事が多いですよね。

 皆さんも子育てを楽しみ悩みながら頑張って下さい。