平成20年5月 園便りより


桜満開の青江川に散歩に行きました>
とっても綺麗!! 普段から見慣れている風景ですが、こんなに素敵な場所で私達は生活しているのですね。

風薫る五月。 緑も鮮やかな季節がやってきました。 
 平成二十年度になって一ヶ月、先月に比べると子ども達もずいぶん落ち着いて、小さいクラスのお友達も自分が何組なのかはっきり自覚できてきたようです。 元気いっぱい卒園した新一年生も「学校はとっても楽しい!」って言ってくれる子もいて、楽しく通学しているようで喜んでおります。 しかし、世間では後期高齢者医療制度やガソリン税の問題など、政治絡みの問題で私たちの生活にいろんな影響が出ました。 都会と田舎の対立、政党間の対立など双方言い分はありますが、相手を思いやる心や、おくゆかしさなど日本人が持つ良い面を忘れずに話し合って良い方向に進めばと思っています。 ガソリン税などと同じく認可保育園も国の制度によって大きく変わります。保育の制度をもっと一般の会社の様に… という声もありますが、利益追求の会社組織なら、昨年北九州の無認可保育園で起きたような事件が起きる可能性も否定できないと思うのです。 どのような保育施設が保護者に支持されているのか、保育所を利用している保護者皆さんの声を行政はもっと聴いてほしいと願っています。
 四月は、うめ・もも組の親子ピクニックを市民体育館で行いました。これは、年度の初めに実施してクラスの保護者同士の親睦を図りたいと昨年から実施しています。 当日はとても強い風でしたので楽しみにしていたお弁当を皆さんでいただくことは出来ませんでしたが、運動遊びではとても盛り上がって楽しいひとときを過ごすことが出来たと思います。 今月はさくら組以上の三クラスの大所帯で行います。 準備は大変ですが、楽しんでいただければと願っています。
 ところで、私の母の咳が続いてレントゲンを撮ってもらうと少し陰があり中央病院でCTを… 父が肺ガンで亡くなり、同じ症状の様に思えたので落ち込んでおりました。 幸い検査結果は深刻なものではなく軽い気管支炎ということでホッしましたが、会うは別れの始めというごとく必ずいつかは来る事ですので、良かったと思いながらも、何となくブルーな気持ちになってしまいました。
 今年は向洋保育園創立六十年を迎えます。 その記念に楽しい催しを来月計画していますので、ご期待下さい。