!羽化に失敗した元気なオオクワガタ!



平成11年、 オオクワガタのメスが羽化しました。(平成10年孵化、添加マット飼育)
しかし、羽化時に問題があり後羽根を折りたためない状態でした。
とは言うものの、体長が推定で45ミリ位ありましたので 産卵用に使おうと考えたのです。
少しくらい羽根の格好が悪くても産卵に支障は無いでしょうから。
ところが、ところが!!なんと胴体が切れているじゃありませんか。
それでも元気な彼女を観察してたら少し怖くなってしまった。

以下、写真で説明しますがピンボケ等写真の出来が良くないことをお許しください。

ちょっと見にくいですが、わずかな筋?で胴体と腹部がつながっているものの、 腹部を引っ張りながら歩いています。
胴体をお尻の方向から写しました。
これで本当に生きているんです。
でも、これじゃあ産卵できないでしょうね。
これもいいかげんな管理で飼育した私が悪いんです。ごめんね。
分かりやすいように手で捕まえてみると、後足で腹を抱えこみ胴体に戻してしまいました。
でも方向が違うような気がする。
しかし、こいつ、元気がいいんです。
少しもじっとしていないので、三角定規で遊んでいる様子です。
でも痛々しいです。


SA10式クワガタ
ホームページ