弘法の井戸




徳瀬部落は米神山中腹の聚落であるが、その村中にある泉は清水滔々として涸れることはない。 昔この部落民は徳瀬の「モミ足」と言われ、足洗う水もなく、泥を踏み拭っていた。

 その飲料水も、遠く下の部落に求めねばならず、難渋していたが、ある時、飄然として 訪れた聖僧が、宿を求めてこの由を聞き、持つたる錫杖を地に刺したところ、清水が湧出し、 それ以来絶ゆることはないという。彼の僧は忽然として姿を消したが、弘法大師が全国 巡行のお姿であったとて、彼の泉を弘法の井戸という。

戻る