「安心院でミュージカルを見たい、見せたい」と思う人たちが立ち上がって「ふるさとキャラバン」による「瓶ケ森の河童(シバテン)」をすることになりました。
公演は7月6日(金)18;30から安心院文化会館で大人3000円子ども1500円です。
そこで、その看板を作ろうと5月17日の夜に集まって畳6枚の看板を2枚作りました。大変作業でしたが、楽しみながらの作成で結構立派な出来上がりでした。以下、その作業ぶりの一部です。
なお、6月3日(日)19;30〜21:30まで「おひろめ会」があります。安心院中央公民館です。会場は竹や木で森を作り、内容は公演紹介ビデオ、テーマソングを安心院コーラスが合唱、河童の踊りをダンサーの踊りなどです。その後、もちつき(酢餅、黄粉餅)、カッパ巻きの寿司、揚げ物(チキンとポテト)、野菜の煮付けが出ます。帰りには花の苗のおみやげもあります。誰でも参加できます。
16日夜にはベニヤ板の下地を塗りました プロの指導を仰いでの作業は勉強になりましたの一語
最初は、ビラをパソコンに取り込み液晶プロジェクターで投影して鉛筆で下書き ビラを見ながら分担して色づけをするという作業が始まる
自分が何をしているのか分からない感じ 二手に分かれて黙々と作業が続く
夜の11時半を過ぎると少し看板らしくなる 午前1時に後始末まで終了。ご苦労様。
看板立て作業
19日に看板を立て作業。 タルキを組み立てた上に6枚の絵を並べ
1組が釘で打ち付け もう1組は鋼管で足場を組む
そして合体させ、10番線でくくると出来上がり
   安心院役場前です
そして
院内町にも立てました 安心院町と院内町の合流地点です