三色対抗大動会挨拶
                                               1998.9.27

 みなさんおはようございます。
 いよいよ大運動会がやって来ました。中運動会のとき、二つの心の話をしました。「がんばる心」と「なまける心」そして、「まだダメだ」と「もうダメだ」です。
 みなさんの今の心は「なまける心」ですか、「がんばる心」ですか。「もうダメだ」という心ですか、「まだダメだ」という心ですか。私の話の中で答えて下さい。
  ランニングで走るとき足がつかれる、「もうダメだ」でなくて、「  」
  綱引きで引張られる「もうダメだ」でなくて、「  」
  得点が引き離される「もうダメだ」でなく、「  」
そのためには、
  疲れたあ、「なまけたいなあ」と思っても、「   」
  きついなあ「なまけたいなあ」と思っても、「   」
という気持ちでいきましょう。
 会場のみなさん、今日はようこそ安心院小学校の運動会へお越し下さいました。日頃より、安心院小学校へご協力いただいていますことを高いところからではありますが、この場を借りてお礼申し上げます。
 昨年は校舎改築のため、今年は体育館改築のため町民グランドでの運動会です。広すぎて見にくいかも知れませんが今年までですから我慢して下さい。その代わり、良いこともありました。一つは、ランニングは直線コースでできることです。友達と比べないで自分の過去と比べて練習してきました。その結果、スピードをつける力はつきました。もう一つは、学校から町民グランドへの移動が大変でしたが、子どもはそのことにより時間を有効に使うことを学びました。短い期間、少ない練習時間でしたが、それぞれの色で練習してきました。子どもの努力の跡と頑張りを見ていただき、暖かいご声援をよろしくお願いいたします。
 最後に細かいことですが、食べ物、飲み物の始末は自分たちで責任を持っていただきたいと思います。親の言うことは聞かなくて親のする事はまねします。しっかり子どもに親の後ろ姿を見せたいものです。
 
 



文化祭挨拶

                                           1999,2,7(日)

 みなさん、こんにちは。
 今日は文化祭です。二つお話しします。
 一つ目は、頑張ることです。児童会のめあては「はずかしがらずにする」でした。そのためには、劇や歌では大きな声で、踊りや太鼓や神楽や劇では大きな動作でやることが大切です。お客さんが「さすが安心院小学校の子どもは″すごい″」と思って、大きな拍手を送ってくれるといいですね。
 二つ目は新しい校舎・体育館の話です。きれいな校舎、立派な体育館 本当に気持ちがいいですね。嬉しいですね。そこで、児童会でも「大事に使おう、しっかり掃除しよう」とめあてにして取り組みました。今日は新しい体育館を使いながら、この気持ちをずっとずっと持ち続けてほしいと思います。
 次は、ご来賓、保護者、多くの参会者にご挨拶申し上げます。
                                         本日はお忙しい中を安心院小学校の文化祭に出席いただきまして大変ありがとうございました。集計では600名近くの参加者で、嬉しいことです。校舎・体育館の落成式は2月17日ですが、卒業式が控えていたこと、文化祭は今年は新しい体育館でという気持ちがあったことで、この時期になりました。しかし、町当局、大正建設、教育委員会などの配慮で本日の文化祭は、体育館を使用できました。誠にありがとうございました。厚くお礼申し上げます。
 子どもたちが校舎や体育館が新しくなったことに喜びを感じ、施設を大切に使う心が育つように願って取り組みをしてきましたし、今後もそれを継続していくつもりです。
 

8・6平和を願う日 校長挨拶

                                                  1998.8.6

                  注:挨拶をビデオで流しました

@《上半身アップの校長》みなさんおはようございます。今日は8月6日平和を願う日です。広島に原爆が落とされたのは
《短冊1945年8月6日をアップ》1945年8月6日、
《裏返して短冊今から53年前をアップ》今から53年前です。
《身体全体を写し、周りの風景も入れる》さて、私は今、広島に原爆が落とされたといわれる中心地に立っています。
《周りの風景》今からみなさんに、アシスタントと一緒にこの辺をご案内して、私の話に変えます。
Aまず最初は原爆ドームです。《周りの風景からズームアップして原爆ドームのアップに変える》左手に見えるのがその原爆ドームです。 
B《原爆が落された中心地の焼け野原の写真》この写真は原爆が落とされて焼け野原になった広島です。でも、《指差す》こ   の建物だけは残ったのです。
C《原爆ドームのアップ→周りの風景も》だから、その時の恐ろしさを伝えるために今でもこうして残してあるのです。その恐ろ  しさは後で紹介します。
D次は《礼拝堂》です。ここに死んだ人の名前を書いて入れてあります。そして
  《記念碑》「安らかにお眠りください。再び戦争は繰り返しません」とお祈りをするのです。
  《礼拝堂を中心に平和公園全体》そして、平和な日本が続くようにここに平和公園を作ったのです。
E《平和の泉》これは平和の泉です。
  《カメラを移動しながら炎→炎アップ》この火は公園が作られたときらずっと燃えつづけているのです。
  《アップから周り全体に》この火が燃えている間は平和であると言う願いが込められています。
F《佐々木禎子ちゃんの像》これは佐々木禎子ちゃんの像です。
  《ささげられた折鶴》折鶴を折りながら死んでいった話は聞いた人もあると思います。
G〜《原爆資料館》最後にこれは原爆資料館です。この中には原爆が落されたときの恐ろしさを伝えるいろいろのものが置い  てあります。時間が許されるだけ見ていきましょう。
H原爆つまり原子爆弾はものすごい破壊力と放射能をもった恐ろしい爆弾です。
Iたった一つで何万人もの人が一瞬に死んでしまったのです。
J皆さんがやけどをしたら、腫れて水脹れができて、その水ぶくれお皮が破れます。ほんの少しのやけどでも熱くてヒリヒリし   ます。
K原爆を浴びると身体中の皮がベロリとむけて腫れ上がり、「熱い、熱い」「痛い」「苦 しい」と叫びながら多くの人たちが水を  求めて川に飛び込み、川が人で埋まるほどで した。
Lそれから、3日から一週間で死んでいく人がほとんどでした。
Mしかし、それから先もどんどん死んでいきました。《死亡者の表》その年の12月の調査では、約14万人が死んだと言うことで  す。その時の広島の人口が35万人ですから、 どんなに多くの人が死んだか分かると思います。
N生き残った人たちも放射能で何十年も苦しむことになったのです。
Oでは後は時間の許す限り館内をご案内致します。これは8時15分で止まった時計です。《時計》
Pこれは熱で溶けて曲がった一升瓶です。《一升瓶》
Qこれは火傷をおった人です。《火傷の背中》
Rこれは焼け野原になった広島と現在の広島の写真です。《過去と現在の広島の写真》
S《場所を移動して立つ校長と周りの風景→上半身アップ》これで平和公園の紹介を終わります。