1998 一学期終業式校長挨拶  
                                1998.7.18

 おはようございます。
 3つお話しします。
 一つ目は、1学期の反省のことです。
 一学期の始業式にめあてを3つ話しました。「考えて行動」「やる気」「やさしさ」というお話でした。
 校長先生が一学期にうれしかったことをこの3つ話と結びつけながらお話しします。
朝学校に来てから「おはようございます」と挨拶する人です。中には職員室や校長室をのぞき込みながら、又は「校長先生」と言ってから「おはようございます」と言う人もかなりいたことです。
梨加ちゃんが学校に来たとき声をかけたり、一緒に誘ってあげたりする人がいたことです。
掃除を真剣にする人がいたこと。
あゆみでこちらの行動の記録が良かった人が多かったことです。こちらは頑張ればできることだからです。
二つ目は、夏休みの宿題のことです。
 校の玄関です。玄関の上の方にある、これは何でしょう。そうです。鏝絵と言います。今年の10月に国民文化祭というのがあって、安心院は鏝絵の祭典を分担するのです。そこで先生から聞いたと思うけど、夏休みに鏝絵をかいてくるのが宿題です。
 ここは折敷田の万歳松酒店の前の重松さん方です。ごらんください。とても立派な鏝絵です。どこでもいいのですが、もしここをで絵をかくなら、このように周りの風景と鏝絵を一緒にかく、または、このように鏝絵のある家をかく、鏝絵だけをかくどれかでやってみてください。
 これは学これは鏝絵を研究している人が最近作ったものです。こんな角度からかくか、こんなふうにかくか工夫してみましょう。
 三つ目は、夏休みに思い出を作るようにしましょうというお話です。どんな思い出ができるか例えばの話をします。
 こんなパンフレットを貰ったと思うけど、安心院にはあちこちに鏝絵があります。例えば、この地図にある鏝絵のおうちを10軒ぐらい行って見学する。いや見学するだけでなく写真に写して研究する、一人で遠くの親戚に旅に出る、おうちの人に連れていって貰って流れの速い川、または背が届かない川で泳いでみる。
など楽しいこと、冒険をしてみてはどうでしょうか。
 では、校長先生はどんな夏休みを送るか発表しておきましょう。みなさんが鏝絵の絵をかくので、私は鏝絵の写真を撮ることとと鏝絵のホームページを作ることをやってみようと思います。
 では自分で決めた計画で思い出に残る、いい夏休みを送りましょう。そして9月にはたくましく、やさしくなったみなさんと会えるのを楽しみにしてます。
 
 


二学期終業式終業式校長挨拶


 


                                            1998.12.24

みなさん、おはようございます。今日はは3つのお話をします。
一つ目は、二学期に私がうれしかったこと、悲しかったことのお話です。たくさんありますが、三つずつお話しします。自分に当てはまるかどうか聞いてください。
まずうれしかったときです。
@友達同士で「おはよう」、先生や交通指導に立っている人に「おはようございます」と言ってるとき。
A掃除を一生懸命するとき。
B友達にやさしくしてあげるときや、グランドで元気に友達と遊んでるとき。
次ぎに悲しいときです。
@学校のものを大事にしてないとき、例えば、、学校の机や柱に落書きをしてるとき。
A友達に意地悪をしたり、いじめたりするとき。
Bそうじや仕事をまじめにしないとき。
いくつ自分は当てはまりましたか。
二つ目は、やって欲しいこと、やって欲しくないことです。
みなさんは、こんなことは言ってほしくない、やって欲しくないということがあるでしょう。例えば、悪口を言われる、叩かれる、無視される、遊んでくれない、物を隠されるときいやでしょう。いやなことはしないこと、いやなことは言わないことです。
忘れ物をしたとき、気持ちよく貸してくれるとうれしいですね。仲間に入りたいなあと思ってるとき「入りよ」と言われるとうれしいでしょう。自分がしてほしいことを人にしてあげることです。自分が言って欲しい言葉を友達に言ってあげることです。
こうすると世の中は明るくなるのではないでしょうか。
三つ目は、冬休みの話です。
1998年から1999年に変わりますので、自分も変わりましょう。「ヘンシーン」をするのです。お家の人がや先生たちが「おまえは、変わったなあ」と気が付くようになって、三学期は登校してください。例えば、さっき話したように人に優しくする、挨拶する、お手伝いをするなど何でもいいです。一つだけでも冬休みの間にヘンシーンしてみましょう。
終わります。
 
 


3学期始業式校長挨拶


 


                                             1999,1,8
 みなさんあけましておめでとうございます。
 今日は2つのお話をします。まず、一つ目のお話です。
 今日は顔を洗いましたか。水道で洗ったのでしょうね。
私の小さいときはこのような洗面器に水をくんで洗ったのです。(風呂敷で覆った洗面器を出す)


では、今から3500年前の話をします。中国の韻という国の陽王という人は、洗面器の底にこの字(苟日新 日日新 又日新)を書いて、顔を洗うときこの言葉を口で何回も言いながら洗ったということです。なぜでしょうか。

 まず、この読み方です。(模造紙に同じ言葉書いたものを黒板に貼る)
苟日新                     まことにひにあらたに
日日新                     びにあらたにして
又日新                     またひにあらたなり
と読みます。(と言ってから、模造紙の折りたたみの部分を広げると読みが出る)
では、一緒に読んでみましょう。サン、ハイ。
そうです。では意味です。
  昨日の私は今日の私ではありません。
  今日の私は明日の私ではありません。
  毎日自分を変えていきます。という意味です。
 新しい年を迎えると、今年はやるぞーと思うのですが長く続きません。だから、こうして毎日顔を洗うたびに口で言って続けていったというお話です。
 みなさんも、毎日を大事にして新しい気持ちで過ごすといいと思います。そして、2学期の終業式で言ったようにヘンシーンをして自分を変えましょう。
 次は二つ目のお話です。
 3学期は学校に出るのは56日しかありません。その上、みんなが楽しみにしている体育館ができて文化祭がありますから、余計に早く感じると思います。1月は行ってしまいます。2月は逃げていきます。3月はさらさらと過ぎていきます。ぼーとしてるとすぐ終わりますよ。学年のはじめにこれをやろうと思ったことで、まだできてなかったことがあるでしょう。それををやりとげ時にしてほしいと思います。
 
 

3学期修了式校長挨拶

1999.3.25