36)4時間耐久
 2000/01/25


 またまた更新をサボってましたが、実は去年の秋から年末にかけては色々な動きがあってたんです。私がいつも顔を出してるオートポリス攻略掲示板の常連さんたちと臨時チームを作り、なんと耐久レースに参戦したんです!おかげで99年後半は突然に充実したシーズンとなったのでした。

 まずは表題の4時間耐久レース。これは10月10日にオートポリスで行われた「ピッカーズ耐久チャレンジ」という草レースなのですが、その掲示板の主宰者が自分の車を提供すると申し出たことから、ほとんどバタバタと話が決まったのでした・・。

 しかしなにしろほとんど全員がレースは未体験。エキサイティングでした!ただし私は諸般の事情から走れず、今回は残念ながらピット要員。いゃあでも4時間もの耐久レース。スプリントと違い途中でドライバー交代や給油まで必要(それも数回)なんですから、ピット作業も初めてのことばかりで楽しかったです。以下その時の様子を。(あいにく小さなサムネイル画像しか残ってないのですが・・)

4KB   4KB   4KB

325iXとゆう
珍しい4駆のBMW

 

車名はズボン
プレッサ号

 

ルーフベンチ
レーターに注目

 これが我らがズボンプレッサ号。九州じゃ珍しい4駆のBMW(325iX)なのです。車名の由来は「面白い名前が必要」との主催者からのお達しで、同じ4駆のインプレッサをもじった模様。ステッカーもそれを意識してます・・はは。しかし近くで見るとこのズボン号、けっこー気合いが入ってます。天井のサンルーフを埋めて代りに空気導入口が開けらたりしてるし・・うーん。

4KB   2KB   5KB

右側が車の持ち主

 

ヒビ割れだらけの
ローター

 

腹ごしらえ

 写真右側が長崎のにちげんさん=ズボンプレッサ号の持ち主。しかし事前の練習で、Fブレーキロータに目でわかるほどの大きな亀裂多数が発生。これはちっとヤバイ状態。仕方ないんでだましだまし走ることに決定。しかしこりゃあ「すぐリタイヤか?」などと思いながらも、そんな気分はよそに例によって恒例のバーベキュー。

4KB   4KB   3KB

ドライバーは4名

 

スタート15分前

 

午後1時スタート

 今回のドライバーは4名。つまり一人1時間づつ担当。でオーナーのにちげんさんが長崎で、残りの3名も福岡・熊本・大分とみんなバラバラ。こんなところが掲示板チームらしいところ・・はは。そしていよいよレース開始。ピットクルーは3名なんで、こちらも計時・ボード提示とけっこー忙しい・・。

4KB   4KB   3KB

ごった返すピット

 

サインボード

 

ピットストップ中

 この日は10月と言うのに日差しが強くて暑く、なのに長丁場なのでピットもなかなか気が抜けません。規定で1回の給油量が限られてるため、ドライバー交代毎に給油。右上はその緊迫のピットストップ中の場面です。ちなみに車の前で片手を上げてるのは、60秒計測中の合図(規定で停止後すぐに給油を開始しちゃいけない)。車を降りたドライバーは一服後、今度はガソリン購入担当とみんなフル回転。

2KB   4KB   3KB

夕闇せまるゴール

 

やったぜ完走

 

クラス6位入賞!

 そして午後5時、夕闇せまる中で無事にチェッカーフラグを受けることができました。ラップタイムは速くはないし、初参戦ですから順位なんか気にしちゃあいません。ですが4時間何のトラブルもなく淡々と走りぬきました・・。ピットクルーだった私らも、耐久らしい心地よい緊張感と達成感に満足。

 そしたらリザルトを見ると、なんとクラス6位入賞!75台参加した中で総合でも19位ではありませんか!いやぁこの結果には驚いてしまいました・・。淡々と走りぬいたのが利いたようです。しかしみんなでワイワイとお祭り気分でやってたのに結果がこれじゃあ、なんか耐久レースが病み付きになってしまいそうです。はは。


 ←前へ   次へ→ 

↑メニューに戻る